記事

時間と金のムダ「必ず失敗する」英語勉強法ワースト10

1/2

「English Hacker」編集長 佐々木真=文

英語勉強、挫折する人はなぜ挫折するのか?

英語を身につけたい! そう思っていても自分が目標とするレベルまで上達させた人は、残念ながら少ないかもしれません。挫折する人が多いのです。

私は英語学習のポータルサイト「English Hacker」というサイトで8年ほど編集長をしており、これまで山のように英語学習の相談を受けてきました。そしてそのほとんどが「現在はTOEICスコア600点未満で、あれこれ試してみたけれど、どうやって英語を上達させればいいか分からない」といった切実な悩みでした。

そんな相談を数多く受けるうちに、「あれ、この人は英語学習に失敗するな」と思う人と、「この人は上手くいくだろうな」と思う人が予測できるようになってきました。

どういう人が、英語学習に失敗しやすいのか。今回はもっともあてはまることが多い10パターンに絞ってまとめました。

【1:大学受験時の英単語帳で勉強をはじめる人】

中学・高校の英語の授業といえば、やはり英単語の暗記を思い出す人が多いでしょう。英語授業時の単語テスト、中間・期末試験での英文の和訳、和文の英訳、さらに大学受験時には総おさらいをさらなる単語のインプット……。確かに英単語を制する者は英語を制する、といった側面があります。

しかし、再び英語勉強を開始するにあたり、かつて愛用した英単語帳から手をつける、という発想は実はとても失敗しやすいパターンなのです。それはなぜでしょう?

画像を見る

大学受験までの英単語帳は基本的に、英単語を覚える→その日本語の意味を覚えるの繰り返しです。しかし、これだけだと英単語の知識は増えても、実際に英語を話せるようになる、もしくはTOEICである程度長い英文を聴く・読むレベルにまでは到達できません。

それよりはむしろ、英単語よりも英文フレーズの引き出しを増やすことの方がはるかに有意義です。英文フレーズとは、例えば、tired(疲れた)という英単語を覚えるだけでなく、最もよく使われる“be tired of~(~で疲れている)”というフレーズで覚える、ということです。

英会話にしろTOEICにしろ、大事なのは英単語を「使える形」で覚えておくこと。そのためには、大学受験までで慣れ親しんだ英単語帳はいったん離れてください。まず英単語から、という発想は、最も身近ですが英語学習の成功には最も遠回りの勉強法なのです。

4月から勉強を始める人はなぜ失敗するのか?

【2:英文法の勉強ばかりをやっている人】

英単語の次に多いのが、英文法の勉強ばかりをやるパターンです。大学受験までに、呪文のような英文法の解説用語を聞いた人も多いでしょう。例えば、「関係代名詞には主格と目的格があって、非制限用法もあって?」など、英語の先生から教わったことがあるでしょう。

この文法用語そのものは、もちろん悪いものではありません。ある程度英語の上級者になってくると、英語をロジックで考えるため、このような考え方も大事になってきます。

画像を見る

しかし、ほとんどの英語学習者にとって、こういった文法用語は実際に英語を使う上では残念ながらほとんど不要な知識です。大事なのは、文法用語を知っていることではなく、いかに知っている文法が使える形で頭に入っているかです。

大学受験までの英文法は、正しい文法構造をとらえて日本語訳にすることが求められます。しかし、英会話でもTOEICでも、日本語に訳すヒマはありません。それよりも、相手の言ったことをサッと理解してすぐリアクションをすることが求められます。そのために、文法用語というものは全くコミュニケーションを円滑にしてくれません。むしろ上達の妨げになってしまうことすらあります。

英文法の勉強ばかりしていても、なかなか英語は上達しないもの。それより実際に使われる形の英語の引き出しを増やすべきなのです。そのためには、やはり英文フレーズを多く知っている必要があります。例えば、「関係代名詞which」をそれだけで覚えるのではなく、“This movie which I watched yesterday?”などと、文章そのものを1つ頭に入れておく方がずっと英語の理解が進みます。理解できてから、文法用語で構造をあと付けすれば十分です。

【3:新年や新年度から英語をやろう!と思っている人】

1月と4月は英語学習系の本がよく売れるそうです。それだけ、新年や新年度で英語をやろうと思う人が多いのでしょう。

しかし、こういう一念発起して英語をやろうとするタイプも、残念ながら英語学習に成功しにくい。なぜでしょう? それは、「具体的な目標がない」ケースが多いからです。

英語の勉強と一口に言っても、いろいろな目的があります。日常英会話、ビジネス英会話、留学、TOEIC、TOEFL、英検などなど、使用するシーンや受ける試験によって、勉強するべき内容もかなり変わってきます。

英語の勉強をはじめる前に、まずは「具体的な目標」を持ちましょう。TOEICを受けるなら、どれくらいのスコアを取りたいですか? 英会話なら、どれくらいのレベルで英語を話せるようになりたいですか? 日常会話くらいなのか、ビジネスで通じるくらいなのか。自分が英語を身につけた後、どういうことをしたいですか? 

1月、4月に英語勉強を始めること自体は悪いことではありません。ただ、英語教材がどっと刊行されるこれらの時期に、背中を押される形で「じゃあ、やるか」という始め方は挫折率も高い。とにかく、具体的な目標を持つ。それで英語学習の成功確率がかなり変わってきます。

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  5. 5

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

  6. 6

    天皇制は選挙方式にすれば合理的

    紙屋高雪

  7. 7

    雅子さまの「祝宴ドレス」に注目

    文春オンライン

  8. 8

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  10. 10

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。