記事

「荒れるクラス荒れないクラス」鍵は保護者だった

1/2

松尾英明=文

2017年度に「学級崩壊」が増加する可能性大

1.「学級崩壊大ブーム」到来?

平成29年度の全国の教員新規採用は一気に増えました。ある調査によると、今年度の公立小学校の新規採用者数は約1万6000人。全国の学校数は減っているのに採用人数は増えていることを考えると、学校内の「新人割合」「若手割合」は高まることになります。

画像を見る

この傾向には、プラスとマイナスの両面があります。

プラス面は、学校の若返りです。元気な教員が増えて子どもたちもうれしいことでしょう。

一方、マイナス面は何か。一番懸念されるのは、学級経営がうまくいかない「荒れるクラス」が増えるリスクです。まだ経験が浅く、学級経営(クラス担任)の知識と技術が乏しい新人教師ゆえ、「荒れる」ことを回避できないケースが多いのです。

加えて、保護者との“関係悪化”の可能性もあります。世の晩婚化とともに小学校の保護者の平均年齢は上昇の傾向にあり、保護者と担任の年齢差は開く一方。10歳以上も年下の担任を「頼りない」と思う保護者も増えています。教員の側も何となくそれを感じていますが、実際にクラスが荒れてしまうと、ますます両者の溝は深くなります。

また、新規採用者に限らず、最近ではどの年齢層の教員が受け持つクラスでも「荒れ」が見られるようです。保護者対応が難しくなると同時に、子どもへの対応も難しくなり、かなりの専門性が必要になっているのが現状です。

1980年代に「荒れた学校ブーム」がありましたが、今回、新人先生が急増することをきっかけに再び「学級崩壊大ブーム」が到来するかもしれません。

では、荒れるクラスと荒れないクラスは、一体何が違うのでしょう?

もし我が子が「荒れるクラス」の一員になってしまったら、親としてどう対応すべきなのか? この新年度の早い段階から考え、備えていきましょう。

2.「荒れの原因は、子ども本人の規範意識の低さ」の嘘

まず、そもそも集団の「荒れ」がどこから来るのか考えていきます。我が子が「だらしない」「乱暴」で、それがクラスの荒れの原因になってしまうのではないかと心配する親御さんがいますが、実はそれは杞憂です。

荒れるクラスの子は「周囲がきまりを守らない」と言う

ここに、ちょっと面白い実験調査があります。規範意識に関するもので、自治的集団づくりのプロである上越教育大学教授の赤坂真二先生に教えていただいたものです。

囚人同士の喧嘩が絶えないある刑務所が、道徳向上プログラムを組みました。片方の群にはプログラムを施し、もう片方の群には何もしないという比較対照群での実験です。結果は、意外なことに「両者全く相違なし」。プログラムでどんなに良いこと(規範意識)を学んでも、実際の行動には反映されず改善されないという衝撃の結果でした。

別の調査で、荒れているクラスとそうでないクラスの規範意識を調べたものがあります。すると、どちらの群でも、生徒たちの「規範意識」については有意な差は出ませんでした。クラスが荒れるかどうかは、本人たちの規範意識とは関係がないということです。

では、何が違うのでしょうか。

3.荒れるクラスかどうかは「他者への規範意識」がポイント

画像を見る

荒れるクラス、荒れないクラス。顕著に異なるのは、「他者の規範意識への認識」です。簡単にいうと、荒れるクラスでは、子どもたちが自分をさておき「周りの人はきまりを守らない」と認識していることが多いのです。

ユニクロやキリンビールなど320社がその企業研修や人材教育の手法として採用している「原田メソッド(自立型人間育成)」。それを考案した元大阪市教員の原田隆史先生(原田教育研究所代表)」は、「教師塾」を開いて全国の現場教師の育成をしています。

その育成プログラムの中のひとつ「理想の学級づくり」において、ある調査を継続的に行うものがあります。この調査方法で特徴的なのは、子どもたちに対して「自分はきまりを守っているか?」という質問項目と「クラスのみんなはきまりを守っているか?」という質問項目が設けられている点です(それぞれ4段階・レベルで回答)。

調査の評価は以下の通りです。

(1)自分への評価とクラスへの評価がほぼ一致している(心身状態が安定している)
(2)自分が低くてクラスが高い(自尊感情が低い子ども。「みんなに比べて私なんか……」という自分を責める心理状態)
(3)自分が高くてクラスが低い(他責、攻撃的な子ども「私はいいけど、周りのみんなはダメ」という批判的な心理状態)

どれが「荒れ」に近いかというと、圧倒的に(3)です。

(2)の自尊感情が低い子どもの場合、いろいろな場面でその子どもを認めていくことで対策を立てることができます。しかし、(3)の他責タイプの子どもの場合、「わがまま」「俺様」「お子様」状態になっており、指導をしても受け入れにくいため、なかなか改善されません。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さまの即位辞退は「先手」

    小林よしのり

  2. 2

    金正恩氏の権威失墜で体制崩壊へ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    眞子さま周囲で高まる結婚願う声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    韓国政府が恐れ? XJAPAN大ブーム

    NEWSポストセブン

  5. 5

    イギリス料理が美味しくないワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    秋篠宮さまの天皇辞退論は画期的

    猪野 亨

  7. 7

    自覚なし? 増殖する差別おじさん

    NEWSポストセブン

  8. 8

    沖縄3区で野党支援の候補が当確

    国民民主党

  9. 9

    小沢氏 沖縄3区は民主主義の勝利

    自由党

  10. 10

    保岡興治氏の要職外した安倍首相

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。