記事

子どもの貧困問題について本気で考える会:ビッグイシュー×Teach for Japan【イベントレポ】

1/2
昨今話題に上がることが多くなった「子どもの貧困」。
なぜそのような状況が起こるのでしょうか?
子どもは子どもだけで生きておらず、一生子どものままではいません。

子どもの貧困問題解決には、その先に繋がる「大人の貧困」について知り、一緒に考える必要があると考え、このようなイベントを開催しました。
路上生活をしている方の自立を応援し続けてきた”ビッグイシュー”と、2年間の教員経験を通じて「教室から社会を変える」の実現を目指す “Teach for Japan”の話を通じて、一緒に考えてみました。

【日時】
 2017年3月22日(水) 19:00-22:00
【場所】
 まなび創生ラボ
【主催】
 有限会社ビッグイシュージャパン
 認定NPO法人ビッグイシュー基金
 認定NPO法人Teach For Japan
【協力】
 まなび創生ラボ(株式会社クリックネット)
まずは約30人の参加者がグループに分かれて自己紹介タイム。

画像を見る

それぞれ、お名前とお仕事(活動内容)と何に興味があってきたのかをそれぞれでシェアしました。教育に興味のある人もいれば、ホームレス問題に興味のある人もおり、早速わいわいと情報交換が始まりました。

そして、Teach for Japan5期フェロー(プログラムを通じて教師になる)小林氏が、各グループに対して「子どもの貧困の原因には、どういうものがあるか考えてみてください」とお題を出しました。

各人がポストイットに思いついたことを記入していき、それを各グループでシェア・グループ化していきます。

画像を見る

画像を見る

出てきた意見としては「親の離婚、シングルマザー」「親の育児放棄」
「外国籍の子ども」
「大人の無関心」「社会からの無関心」
「親の失業(倒産、リストラ)」「親の貧困・ワーキングプア」
など、参加者それぞれの関心から様々な原因が挙げられていきます。

最初のグループワークを終えたところで、小林氏がTeach For Japanの活動の紹介と、子どもが置かれた状況について説明をしました。

――
Teach For Japan 小林氏:
Teach For Japanは、世界40か国以上で展開される「Teach For All」のグローバルネットワークに加盟ししながら、学校、教育の格差をなくす活動をしています。

画像を見る

海外では学校の格差が広がっており、学校に拳銃持って来る子がいるところもあれば、ハーバードへの進学実績がバンバンあるところもあるような状態です。
そこへ、優秀な学生たちを2年間、学校に派遣し社会人にまた戻ってきてもらうという仕組みを取り入れることで、社会全体でよりよくなっていくということを理想に掲げています。

「Teach For America」は、2010年度には全米文系学生就職先人気ランキングで1位を獲得しました。

そして、Teach For Japanの場合は、文科省や地方自治体と連携し、学生だけではなく社会人も学校へ派遣しています。

画像を見る

子どもたちに何か一つでもきっかけをつくって社会全体へ影響していけばと思っています。何かきっかけがあることで予測される未来と違うんじゃないかと。

画像を見る

ここで、「相対的貧困」についてお話します。

貧困というと、食べるのにも困る「絶対的貧困」を思い浮かべそうですが、平均とどのくらいかけ離れているかというギャップを見るという意味で「相対的貧困」という考え方があります。 日本は貧困ギャップが大きいんです。ちょっと平均より下じゃなくて、本当に苦しんでいる子も多いのです。

リンク先を見る
出典:国際教育開発 日本における子供の貧困を人的資本投資、共同親権の側面から考察する

「必需品を2つ以上欠いている状態」も日本はけっこう高い。

(※)参考文献国際教育開発 日本における子供の貧困を人的資本投資、共同親権の側面から考察するユニセフ 先進国における子どもの幸福度日本財団 子どもの貧困の社会的損失推計レポート

それがさらに人的資本投資の少なさへとつながり、貧困の連鎖・次世代への貧困へとつながる状況になってしまっています。
大人の貧困が、次の世代の貧困につながっているのです。
ここで、ビッグイシューにバトンタッチしますね。

2017/04/12 ビッグイシューオンライン編集部より当日使用したスライドにおいて、誤解を招く表現があったため一部削除のうえ、参考文献(※)を記載させていただきました。

――
ビッグイシュー基金の中原にマイクが渡され、ビッグイシューの事業の仕組みや雑誌の内容の紹介、そして雑誌「ビッグイシュー日本」を発行・販売しているのが有限会社ビッグイシューで、ホームレス状態の方への生活支援や政策提案をしているのがNPO法人ビッグイシュー基金である旨を説明させていただきました。

そして「ホームレス」について詳しく解説をしました。

――
ビッグシュー基金 中原:

人はなぜホームレス状態になり、そしてなぜ抜け出せないのでしょうか?

画像を見る

これは、大阪を中心に支援活動をされている生田武志さんのご説明から引用したもので、ホームレスになるまでの段階を示した、カフカの階段と呼ばれるものです。

釜ヶ崎から: 貧困と野宿の日本 (ちくま文庫)
posted with ヨメレバ
生田 武志
筑摩書房
2016-01-07



もとの仕事もある状態から、すぐに路上に出てしまうのではなく、ひとつひとつ階段を落ちるようにホームレス状態になってしまうのではないかということです。

たとえばですが、最初は会社をクビになる、倒産し、働けなくなる→家族との関係がなくなる→おうちがなくなる(家賃が払えなくなる)→ホームレス状態になってしまう、という具合です。

「階段から落ちやすい人」も存在します。低賃金、家族とのつながりがない、雇用期間が終われば仕事がなくなる不安定就労…などの状態にある方です。

「ホームレスは働けばいいのに」という意見をもらうこともあるのですが、ホームレス状態から元の状態に戻るには、ものすごい段差の階段を一気にのぼらなくてはなりません。

たとえば、たとえ就職しても給料日までの生活ができない。
そもそも住所がないとハローワークが利用できない。
保証人がいないとアパートには入れない。
資格や技術がないと低賃金の仕事しかない…。

特に大きな壁だと考えられるのは「自信と信頼の喪失」です。ひとつずつ階段を落ちていく過程で、自分の力ではどうにもならなかったり、周りに助けを求めても助けてもらえなかったりという経験を積み重ねて、自分への自信と社会への信頼を失っていくのです。

画像を見る

人によって事情はいろいろですが、ホームレス状態になったとき、これだけの壁があるということは、本人の努力だけで元に戻るのはたいへん難しいのです。

以前、ビッグイシュー基金で「若者ホームレス白書」という冊子を作りました。
このなかで40歳未満の若者ホームレス50人にヒアリングをしたことを抜粋してご紹介しますね。

あわせて読みたい

「貧困」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  4. 4

    堀江氏の恋愛論 ケチはモテない

    GOETHE[ゲーテ]

  5. 5

    水沢アリーが暴露したTV業界の闇

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「面接大喜利」得意な学生は淘汰

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    糖質制限をめぐる異なる説に困惑

    諌山裕

  8. 8

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  9. 9

    老人より事故多い若者 対策急げ

    毒蝮三太夫

  10. 10

    丸山議員「絶対に辞められない」

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。