記事

独立起業したいと思わない人の方がなぜ独立起業が成功するのか

ニーズがあるから。
能力があるから。
求められているから。
手段と目的を勘違いしてないから。
だからしたいと思ってないのに求められるまま仕事が増えて独立起業に成功する。

逆にいえばサラリーマンがイヤだからとか独立起業ってかっこよさそうとか儲かりそうとかそういう人って成功しない。

独立起業って手段であって目的ではないってことがわかってない人があまりに多い。
別に会社員だろうがパートだろうが派遣だろうが副業でしようが独立しようが仕事は仕事。
独立するとかしないとかはおまけみたいなものでまず仕事がありそれをどういう形態でするかってことにしか過ぎないわけです。
つまり大事なのはまず仕事。

そこを勘違いして仕事の能力もないのにしたい仕事もないのに求められている仕事もないのに独立起業かっこいいとか稼げそうとか自由そうとかそういう動機で独立起業をめざしている人ってたいがい失敗する。

むしろうまくいっている人をみると別に独立起業する気はなかったんだけどその人に能力があって個人宛にいっぱい仕事がきたから結果として独立したとかたとえば趣味でやっていたらいろんな人から買わせてとか仕事としてやってって頼まれていつのまにか仕事になり起業したみたいな形になっちゃったって人が多い。

ようはその人に能力がありその仕事が多くの人から求められていて結果として個人に仕事が集まったから独立起業せざるを得なくなったみたいな。

だいたい独立起業めざしている人ってまずビジネスプラン考えるだの事業計画考えるだの机上の空論から考えるでしょ。
だから成功しない。

成功している人をみると計画とかなんてたてたわけじゃなく頼まれたことがどんどん増えていっていつのまにか仕事になってだからちゃんとそれを事業らしく整備しなくっちゃって後付で計画作ったりしていることの方が多い。

ニーズありき。
仕事ありき。
求められてもいないのに自分の欲望だけで独立起業したいなんて成功しないですから。

独立する人って自然と求められ仕事が集まってくる人。

独立起業幻想にしがみついている方がいればまず今の仕事で結果を出すこと。
また趣味でもなんでもいいので好きなことを続けて発信すること。
それが結果として独立になる場合もあるぐらいで考えればいいから。

ちなみに私も独立に憧れて27歳の時に独立して失敗して会社員に戻ったことがある。
以降、会社員をしながら個人で仕事をするのがおいしいなと思っていたけど会社をやめざるを得なくなり結果として独立したら会社の仕事をちゃんとやっていたのと個人でも仕事をしていたので独立しても食いっぱぐれなく稼げている。

独立はあくまで手段に過ぎず目的ではない。
そこんとこ勘違いしないように。

まずは目の前の仕事に全力を尽くす。
そして自分の好きなことを金にならなくても全力を尽くし発信する。

それが独立起業に成功する近道だと私は思う。

あわせて読みたい

「起業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  8. 8

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。