記事

タリバンのテロ止まず アフガン

アフガンのタリバンの現在のリーダーはムラー・オマールMullah Omarと言われている。(本当に生きているのかは不明だが)過去ブログ:「オサマビン・ラディンの家族を奪取せよ」 タリバン 

今週、彼がインターネットに流したメッセージでは「国際軍、アフガン政府以外の一般民衆には危害を加えるな」と言うものだったが、2011年11月6日、 バグラン州古バグラン市Baghlan province's Old Baghlan Cityで、礼拝を終えたイスラム教徒が自爆テロに襲われ、一般人6人、警官一人、計7名が死亡、20名ほどが負傷した。

リンク先を見る

場所は首都カブールの北部で、過去にはあまりテロなどは起きていなかったが、最近はテロが頻繁だ。もしかすると、劣勢なヘルマンド州(過去のタリバンの拠点)をさけて、北部に拠点を構築しているのだろうか。首都攻撃にも近い位置で、年末の国際軍、米軍撤退をにらんでの行動かもしれない。ムラー・オマールの指示も民衆との融和に舵を切りつつあるのかもしれない。
上の写真は、2011年11月3日、アフガンの首都カブールで風船を売る12歳の少年:BALLOON BOY: Mohammed Sarwar, 12, sold colorful balloons in Kabul, Afghanistan, Thursday. Ahmad Jamshid/Associated Press。

リンク先を見る

長い事アフガンで見るのは、処刑や戦闘、死体の散らばる戦場の写真ばかりで、時には目を背けたくなるような写真、映像もあるが、その現実や写真家の意図を汲んで直視してきた。現実はもっと地獄なんだと言い聞かせながら、、。過去には戦後の戦場に行った事もあり、残る独特な死臭に気分を悪くした事もある。そんな場所でも子供は屈託無く、粗末な身なりで元気に遊んでいた。生き抜くためには風船売ってでも、旅行者にたかってでもいいから生き抜いてほしい。汚職と政治腐敗のアフガンで、未来を作るのは子供たちだ。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  5. 5

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  6. 6

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  7. 7

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  8. 8

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  9. 9

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  10. 10

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。