記事

【アマゾン】、これは凄い!アマゾンキャッシュで実店で使われるはずの現金がネットに?

リンク先を見る

■インターネット通販最大手のアマゾンは3日、銀行口座やクレジットカードを持っていなくてもネットを利用できる新サービス「アマゾンキャッシュ(AmazonCash)」を始めたことを発表した。
口座を持たない低所得の消費者を獲得し顧客層を広げるのが狙い。利用者はアマゾンの自分のアカウントから専用のバーコードを印刷する。もしくはスマートフォンにあるアマゾン・アプリに表示させるか、アイフォンではバーコード表示後にウォレットに取り込むこともできる。アンドロイド端末のスマートフォンでは、ホームスクリーン上にショートカットにして利用可能だ。あとはアマゾンと提携する大手チェーンストアで、バーコードをスキャンしてもらい入金するだけ。1回の手続きで可能なチャージ額は15~500ドル。

手数料は不要となる。入金直後に自分のアカウントにチャージ金額が反映され、即座にネットで買い物などの利用が可能となる。アマゾンキャッシュを利用できるチェーンはドラッグストアのCVS、オハイオ州をベースにガソリンスタンド併設型(GS)コンビニを展開するスピードウェイ(Speedway)、中西部など11州で約400店を展開するGSコンビニのカム&ゴー(Kum & Go)、東部地区のGSコンビニのシーツ(Sheetz)など7社。アマゾンは今後もアマゾンキャッシュの提携店を拡大していくとしている。なお競合のウォルマートは5年前、オンラインでの決済を現金でも支払いできる「ペイ・フォー・キャッシュ(pay with cash)」サービスを始めている。

ペイ・フォー・キャッシュはウォルマート・コムで注文した商品をウォルマート・スーパーセンターやディスカウントストア、ネイバーフッドストアの約3,800店で支払いができるというもの。オンライン注文の決済時に配送先と「現金」支払いを選択すると確認メールが届く、そこにあるオーダー番号をもって48時間以内に最寄のウォルマートのレジで支払いをすると商品発送の手続きがとられる。

 アマゾンキャッシュはウォルマートと同様、クレジットカードを持たない低所得者層などを取り込むためのサービスだ。連邦預金保険公社(FDIC)の2年前の調査によると、アメリカでは銀行口座を持てない「アンバンクド(unbanked)」世帯と、小切手の換金サービス業者などを主に利用する「アンダーバンクド(under-banked)」世帯が全体の約3割にも占めている。こういった現金で生活する消費者は、ネットショッピングに利用できるお金があっても実際に買い物をするのは簡単ではなかった。例えばアマゾンでの買い物ではアマゾン・ギフトカードやビザなどの金融系ギフトカードにチャージして使うしかなかったためだ。

 アマゾンでの買い物が現金でも利用可能になったことで実店舗にとってまた大きな脅威となるのだ。

トップ画像:近所のCVSで早速、アマゾンキャッシュで入金を行った。アイフォンのウォレットにあるアマゾンキャッシュ用のバーコードを表示しスキャナーで読み込ませた後に現金(120ドル)を支払った。レシートを貰って完了。極めて簡単且つスピーディだ。この時、対応した店長が来るべき地殻変動の予兆を後藤に話したのだ。さて何といったか?

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。アマゾンキャッシュの利用で早速、近所のCVSに行きアマゾンキャッシュにチャージしてみました。CVSは約8,000店舗を展開しています。アマゾンキャッシュを始めて間もないこともあり、自分が最初のお客であり、慣れないスタッフに何か手こずる可能性もあるだろうと思っていました。で、到着するなりスタッフにアマゾンキャッシュに入金したいと告げるとすぐに「1番カウンターで待っていてください」と言われました。

で、店長らしき人物がやってきて後藤に一言、「アマゾンキャッシュのお客さんは多いね」と話しかけてきたのです。これには驚きました。「エッ!利用者は何人いましたか?」に「2~3人」、「1日で!?」に「この2日間」ということで、ちょっとがっくり。でも店長も当初、アマゾンキャッシュの利用者はほとんどいないだろうと思っていたのでしょう。ふたを開けてみれば意外にも利用者がやってきたことで「アマゾンキャッシュのお客さんは多いね」と吐露したのです。

⇒仮に3人でも8,000店舗で開始直後だけで2万人以上が利用したことになります。大手チェーンストアと提携し、アマゾンキャッシュの認知度がさらに広がることを考えると、かなりの利用者が利用するのではと推測できます。後藤は売り場を見て回るだけではわからないアメリカ小売業や消費者の買い物の変化を「地殻変動」と喩えています。アマゾンキャッシュの拡大で、新たな地殻変動が起きようとしているのです。つまりリアル店舗で使われるはずだった現金がアマゾンに流れるという地殻変動。

皮肉にもチェーンストアの中でこの現象が発生するのです。アメリカには銀行口座を持てず、現金でしか決済できないキャッシュカスタマーが30%近くもいます。彼らの一部がアマゾンで買い物を始めるだけでもリアル店舗に相当なインパクトがあります。そういえばアマゾンは1月、決済サービスのペイパルと、アマゾンでの買い物の支払いにペイパルを利用可能にする協議を行ったとの報道がありました。地殻変動のさらなる予兆もあるのですね。

 日本でもアマゾンキャッシュは開始されるはず。そうなればアマゾンの利用者拡大で、閉店に追い込まれる店もまた増えてきます。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  3. 3

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  4. 4

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  5. 5

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  6. 6

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

  7. 7

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  8. 8

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  9. 9

    デリヘル店長語る歌舞伎町の惨状

    文春オンライン

  10. 10

    遅い意思決定 官邸は相当混乱か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。