記事

安倍昭恵・首相夫人の森友学園への積極的寄与・貢献(11)

はじめに

(1)これまで
安倍晋三首相の昭恵夫人の森友学園の幼稚園と小学校設置への積極的寄与・貢献
について10回の投稿しました。

安倍昭恵・首相夫人の森友学園への積極的寄与・貢献(1)
安倍昭恵・首相夫人の森友学園への積極的寄与・貢献(2)
安倍昭恵・首相夫人の森友学園への積極的寄与・貢献(3)
安倍昭恵・首相夫人の森友学園への積極的寄与・貢献(4)
安倍昭恵・首相夫人の森友学園への積極的寄与・貢献(5)
安倍昭恵・首相夫人の森友学園への積極的寄与・貢献(6)
安倍昭恵・首相夫人の森友学園への積極的寄与・貢献(7)
安倍昭恵・首相夫人の森友学園への積極的寄与・貢献(8)
安倍昭恵・首相夫人の森友学園への積極的寄与・貢献(9)
安倍昭恵・首相夫人の森友学園への積極的寄与・貢献(10)

(2)この投稿は、そのテーマについての11回目の投稿です。

以下では、安倍首相の昭恵夫人は、安倍首相からの森友学園への100万円の寄付」の原資と夫人付きの官邸職員の随行旅費負担の原資につき、幾つかの可能性がありますが、そのうちの政治団体のブラックボックスになっている「人件費」が高額すぎるのでそこで従事しているスタッフの人数を含めその内訳を説明する責任があることを指摘します。
あわせて、夫人付き官邸職員は不要であることも指摘します。


1 安倍首相の政治団体の高額すぎる政治団体の「人件費」

(1)安倍首相は、政党支部を含め政治団体を6つも持っています。
http://www.openpolitics.or.jp/search/search-result.php

そのうち、「人件費」の支出のあるのは2つの政治団体だけ。
言い換えれば、残りの4つの政治団体は、政治資金を集めて使うための財布としてつくられたもので、「ペーパー団体」と評することも不可能ではないかもしれません。
たとえ、そう評しなくても、いわゆる政治屋の手口の一つです。

(2)その2つの政治団体の「人件費」の支出額が、極めて高額なのです。

議員会館にある資金管理団体「晋和会」の人件費
「自由民主党山口県第4選挙区支部」の人件費
その合計は以下になります。
2015年 5874万円  812万円 6686万円
2014年 5274万円 1397万円 6671万円
2013年 4984万円 1394万円 6378万円
2012年 5033万円 1371万円 6404万円

後者の政党支部の金額だけであれば、自民党の他の議員とほぼ同じですが、前者の政治団体は異常に高額です。
もっと高額な自民党議員がいないわけではないのですが、やはり異常に高額という点では屈指です。

(3)秘書一人分の給与が不明なので、推測すると、2015年の場合、山口にある政党支部は少なくとも秘書1名分〜2名分の人件費です。
東京にある資金管理団体は少なくとも7名〜12名の人件費です。
合計すると、少なくとも8名〜14名程度の人件費です。

忘れてはならないことは、この推定秘書人数は、安倍首相の公的秘書官とは別だということです。

(4)推定ですが、こんなに大勢の秘書がいるのに、わざわざ優秀な国家公務員を昭恵夫人付きにする必要があるとは思えません。
安倍首相の外遊など公的な場合を別にすれば、昭恵夫人に乗じ秘書を付ける必要性があるとは思えませんが、どうしても秘書を付ける必要があるならば、政治団体の私設秘書を付ければいいでしょう。

2 夫人付きの官邸職員は暇すぎる!

(1)夫人付きの官邸職員は、総勢5名いて、常時5名が付いているわけではないようですが、
①「首相の公務遂行を補助する活動」を行うため
②「連絡調整等」のために
昭恵夫人に付き、外出時には随行しているようです。

(2)しかし、安倍首相に付いて首相の公務を補助しているわけではないので、首相または官邸等と昭恵夫人との間の「連絡調整等」を行うことが「首相の公務遂行を補助する活動」になっているという論理でしょう。

そうであれば、すでに指摘したように携帯電話がある以上、昭恵夫人に優秀な国家公務員が付いて随行する必要性があるとは思えません。
首相との調整は、夫婦間の調整なので、そうであれば、直接会って連絡調整すれば済みます。

昭恵夫人が直接受ければ済むような連絡を、夫人付きの官邸職員が受けて、夫人と首相のために仕事や日程を調整するのでしょう。

本当に「首相の公務遂行を補助する」ためだけであれば、「連絡調整等」は多くないでしょうから、夫人付きの官邸職員は、毎日随行することが公務で、実質的には、ほとんど公務をせず、暇で暇で仕方がないでしょう。
明らかに、優秀な国家公務員を無駄遣いしています。

(3)夫人付き官邸職員は、「連絡調整等」のために随行しているという建前なので、昭恵夫人が外遊などの公的活動を行う場合、それを補助することは公務でしょうが、昭恵夫人の公的活動以外の政治活動や選挙運動を手伝うことは公務ではないので、本来であれば、その手伝いはできません。

昭恵夫人が政治活動や選挙運動をしているときには、婦人付き官邸職員は、その手伝いはできませんが、随行することが公務なので、「連絡」がなければ、随行することだけが公務になってしまいます。

夫人付き官邸職員は、選挙運動期間はほとんど随行するだけなので、実質的には暇な状態です。
優秀な公務員の無駄遣いです。


3 夫人付きの官邸職員は実質は昭恵夫人の「政治活動の秘書」

(1)昭恵夫人は、すでに指摘したように東京の政治団体の事務所の連絡先を明記した名刺を持っており、出会った人々に(厳選しているかもしれませんが)、その名刺を手渡しているそうです。

昭恵夫人は、外遊などの公的な活動以外では、政治活動をしているのです。

安倍首相は忙しく、十分政治活動・選挙運動ができないので、昭恵夫人が安倍首相の分身として政治活動・選挙運動をしているのでしょう。

(2)昭恵夫人は、夫人付き官邸職員を「秘書」と呼んでいるので、「首相の公務遂行を補助する」「連絡調整等」を行うという建前で昭恵夫人は、夫人付き官邸職員に昭恵夫人の政治活動の「連絡調整等」を行わせているのでしょう。

「首相の公務遂行を補助する」「連絡調整等」を行うためには、必然的に、昭恵夫人の政治活動の「連絡調整等」を行わざるを得ないということになるからです。

ですから、夫人付き官邸職員は、「首相の公務遂行を補助する」「連絡調整等」を行う建前で、実質的には、昭恵夫人の「政治活動の秘書」を務めているのでしょう。

「連絡調整等」をしていることは公務だと強弁するでしょうが、実質的には、明らかに国家公務員の私物化であり、業務命令により国家公務員に「秘書としての政治活動」をさせていることになります。

もちろん、国民に気づかれないようにするのでしょう。

国民が見ているときには、政治活動や選挙運動はしないでしょう。
前述したように、公務として随行するだけでしょう。

(3)この場合、昭恵夫人は、たとえ夫人付き官邸職員の旅費を負担していても、当該職員の給与まで負担はしていないので、国は、法的根拠もなく、その給与分を安倍首相の政治団体に寄付してきたことになります。
特別の優遇措置で、異常な首相夫人特権です。

(4)昭恵夫人が人付き官邸職員を「秘書」として使用できると、当然、政治活動をしている昭恵夫人の「口利き」を夫人の指示で行うことになるでしょう。
当該職員は、首相夫人付きなのですから。

それが、籠池理事長の「希望」(要望)へのFAX回答です。
夫人付き官邸職員は、公務を遂行することを通じて、昭恵夫人の秘書として政治活動をしたのでしょう。

籠池理事長の証人喚問の証言を前提にすれば、そうなります。

(5)以上の指摘が違うというのであれば、昭恵夫人は、雲隠れせずに、正々堂々と、以上についての説明責任を果たすすべきです。
と同時に、快諾していた森友学園小学校の名誉校長としての社会的責任も果たすべきです。

(つづく)

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  3. 3

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  5. 5

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  8. 8

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

  9. 9

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  10. 10

    ロイホ大量閉店 コロナの厄介さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。