記事

仏大統領選討論会、最も説得力ある候補は左派メランション氏=調査

[パリ 5日 ロイター] - フランスの最新の世論調査で、4日夜に行われた大統領選候補11人によるテレビ討論会で最も説得力があったとされたのは急進左派のメランション氏だった。

調査は調査会社エラブがBFMテレビ向けに実施。4時間におよぶテレビ討論会を視聴した回答者の25%が最も説得のある候補はメランション氏と回答。中道系独立候補マクロン前経済相との回答は約21%で2位。右派候補のフィヨン氏は15%、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首は11%だった。

ただ、政策に関する質問では、マクロン氏が最も良いとの回答が23%で最多となり、メランション氏が22%、フィヨン氏が18%で後に続いた。

大統領選の第1回投票は4月23日に実施される。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  7. 7

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。