記事

「自己責任」を迫る復興相なんて

福島特措法改定案が審議入りしたその日に、復興相が記者会見で激高?「感情的になった」との言い訳より、避難者への考え方が違う!

記者が自主避難者について質問したのに対して、「自己責任」との考えを示した今村復興相。

発言の文脈から「帰っている人もいるのに」帰らないことへの「自己責任」という認識を示したのは間違いありません。

「帰れるものなら帰りたい」

それなのに、なぜ帰れないか、復興相が認識でも気持ちでもわかっていないのなら、大臣の資格にかかわってくるではないか。

福島第一原発は事故が収束していないなかで、放射能汚染の不安や、また事故でも起きたら・・・・との思いは出てきて当然でしょう。

小さな子どもと避難して、新たな環境に慣れてきたことだってあるでしょう。

もちろん帰還を願う方もいるわけですから、除染の徹底などは政府として責任を負う必要はある。

帰りたい人、帰れない人、困っている人・・・・その誰もが思うのは「原発事故さえなかったら」ということであって、自己責任に帰着させる問題ではない。

避難者が分断されていることが問題なのに、復興相が分断を当然視してどうするんですか。

明後日6日の午前に、震災復興特別委員会があります(3時間だけで日本共産党の質問は別の日になります)が、それ以前にも声を上げないと!

本当に腹立たしいことばっかりで、共謀罪は審議入りめざすわ、教育勅語を教材で使うことを否定しないわ、銃剣道まで教えようとするわ、森友問題では知らぬ存ぜぬと通そうとするわ・・・・。

明日は私、農林水産委員会と経産委員会が重なっていて、経産委員会の方で質問に立ちます(16:10~17:00、ネット中継あり)。

原賠機構法の改定案に対する質疑で、「東電改革提言」と賠償費用の国民負担問題などを取り上げます。

【今日の句】寄り添うの 意味を大臣 知ってるか

あわせて読みたい

「今村雅弘」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。