記事

慎泰俊(しん・てじゅん)という生きかた

誰もが、この一度きりの人生で、なにか大切なことを成し遂げたいと思っている。それは、人間に平等に与えられている「火種」と言ってもいい。
世の中は、だれか一人の英雄によって変わるものではないけれど、みんなが少しずつ変わることによって、ゆっくりと、でも確実に変化する。
少なからぬ人は、しかし、この「火種」の存在に気がついていない。運良く、その存在に気がついていても、そこに「着火」するための勇気や支援が得られない場合も多い。
みなそれぞれ事情があるし、心のどこかに、他人にはあまり触れられたくない「心の急所」を隠し持っている。その大きさや、触れられたときの痛みには違いがあるけれど、急所を持っているという点には違いはないと思う。
本書『働きながら、社会を変える。画像を見る』は、慎泰俊さんという、僕が尊敬してやまない友人が、どのようにして「火種」に「着火」したのかを語る、自伝である。本書を読むことは、彼の「火」を見るということだ。

慎さんは、これを自伝と呼ばれることを嫌がるだろう。しかし、本書から僕に聞こえてきたのは「僕は、こう生きる。あなたは、どうするのか?」という声だ。慎さんがニヤリと笑いながら「その程度ですか?」と挑発する映像が、僕の中には浮かぶ。
自力で逆境を乗り越えてきたと考えている人は、自身の自己肯定感とそれに基づく「努力できる才能」について、誤解していることがあるかもしれない。苦労して何かを成し遂げた人は、その背景にある普段の努力を自らの精神力の賜物と考えることが多い。でも、それは正しくない。努力できる強い心は、自分自身の気質や自己決定だけでなく、自分以外のだれかとともに過ごす日々によって育まれるものだ。
自立した大人が、自分の思い通りにならない人生を、周囲の環境のせいにしたりすることは、わざわざ自分で自分を殺すようなものだ。自分の人生を「この程度」のものにしているのは自分自身だ。それは、自分を愛してくれた人々への侮辱である。
人間がもたらした問題は人間の手によってなんとかできるはずだし、社会が生み出した問題は僕たち一人ひとりの行動でなくすことができるはずだ。
本書が伝える子供の貧困のみならず、社会には、多くの問題がある。こうした問題に「怒り」を感じないとすれば、それは悲しいことだ。なぜって、その「怒り」の中心にこそ、あなただけの「火種」があるのだから。
数年のうちに、一定の形を見つけることで、だれもが気持ちさえあれば始めることができるパートタイム組織のロールモデルをつくりたい。
それなりの歳になってから、自分の「火種」を直視することは、今の自分の矮小さに打ちのめされることでもある。でも、そこからしか始められない。自分らしい、自分だけの人生を生きるということは、いつだってそういうことだと思う。

リンク先を見る

自分だけの人生を生きる「勇気」を与えてくれる、大切な1冊。


関連記事
勇気について」 2008-01-04
突き抜けた人は、どうしてみんな子供なんだろう?」 2011-07-02
僕たちは、ただ1度きりの人生を生きている。」 2011-03-03

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  8. 8

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。