記事

欧州市場サマリー(4日)

[4日 ロイター] - <為替> トランプ米大統領と習近平・中国国家主席の首脳会談を控え、円が対ドルで1週間ぶり、対ユーロで4カ月半ぶり高値に上昇した。先週には、通貨が過小評価されている国を処罰する権限をトランプ政権が精査しているとCNBCが報じたこともあり、会談で為替を巡りどのような協議が行れるか警戒感が広がっている。円は一時、ドルに対し110.27円、ユーロに対し117.43円まで買われた。

<ロンドン株式市場> 反発。エネルギーや産業関連の部門がけん引した。 金価格が約1カ月ぶりの高値をつけたことで、産金大手のランドゴールド・リソーシズ<RRS.L>と金・銀生産のフレスニロ<FRES.L>はそれぞれ1.6%と2.8%の値上がりとなった。

ITセキュリティのソフォス<SOPH.L>は11.4%高で、過去最高値をつけた。通期見通しを好感した。

<欧州株式市場> 小幅反発。石油や鉱業株の値上がりが相場を下支えした。

石油・ガス株指数<.SXEP>は1.02%上昇し、前日の落ち込みから持ち直した。米原油・石油製品の在庫が減るとの見方から原油価格が約1カ月ぶりの高値をつけたことが買い材料となった。資源株指数<.SXPP>も1.45%上昇した。

<ユーロ圏債券> イタリア国債利回りが低下。経営難に陥っているイタリアの銀行2行の救済を巡り、欧州委員会が解決の可能性を示唆したことが材料となった。

欧州委の報道官は3日、バンカ・ポポラーレ・ディ・ヴィチェンツア(BPV)とベネト・バンカが求めた公的支援について、イタリア当局および欧州中央銀行(ECB)と「建設的な協議」を行っていることを明らかにした。

イタリア10年債利回り<IT10YT=TWEB>は8ベーシスポイント(bp)低下し2.244%と、3月中旬以来の低水準をつけた。BPVのシニア債も買われた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  9. 9

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。