記事

赤ちゃんの「泣き方」世界調査、よく泣く英国・おとなしい日独

[ロンドン 3日 ロイター] - 英ウォーリック大学などの心理学者チームが、世界の赤ちゃんが生後3カ月間にどのくらい泣くかをチャートにまとめた。その結果、英国、カナダ、イタリア、オランダの赤ちゃんはほかの国に比べてよく泣き、デンマーク、ドイツ、日本の赤ちゃんは最も泣いたり騒いだりしないことが分かった。

調査を率いたウォーリック大学のディーター・ウォーカー氏は「生後数週間ですでに、赤ちゃんの泣き方には大きな違いがみられる。特に泣きの少ない地域については、養育方法が原因なのか、妊娠経験や遺伝子などと関連のある他の要素が背景なのかを含め、文化を検証するとさらに発見があるかもしれない」と述べた。

調査によると、1日に3時間泣く日が1週間に3日以上ある確率が最も高かったのは、英国、カナダ、イタリア。最も低かったのはデンマークとドイツだった。

赤ちゃんの泣き方の平均としては、生後2週間までは1日に2時間泣き、その後数週間は泣く時間がやや増え、6週間目で1日に2時間15分のピークを迎え、さらに12週間までにはふたたび減って1時間10分になることが分かった。ただ個人差が大きく、1日に30分しか泣かない子もいれば、5時間以上泣く子もいたという。

調査はドイツ、デンマーク、日本、カナダ、イタリア、オランダ、英国などを含む国を対象に、8700人の赤ちゃんのデータを分析。結果はJournal of Pediatrics誌に掲載された。

ウォーカー氏は、このチャートにより、生後3カ月以下の赤ちゃんが通常の範囲の泣き方をしているのか、あるいは追加の支援が必要なのかを判断するうえで、ヘルスワーカーが保護者に助言する手掛かりになるとしている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  4. 4

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  5. 5

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  9. 9

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  10. 10

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。