記事

雇用統計に加え、自動車販売も注目=今週の米株式市場

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 今週(3─7日)の米株式市場では、米雇用統計を除き、3日発表の3月米自動車販売台数が最も興味深い指標となりそうだ。同指標は、中間層の消費動向に加え、年初からこれまで逆境が続く自動車セクターの状況を見極める物差しとして注目される。

エコノミストは季節調整済み年率で1700万台超の水準を予想しているが、2005年8月以来の高水準だった昨年12月の1840万台には遠く及ばない。

また、予想通りであっても、12カ月ローリング平均値の3カ月連続での低下を意味する。販売台数がピークアウトし、価格も低下方向に向かっていることから、メーカーやディーラー以外にも二次的影響が広がると予想される。

米自動車・住宅金融サービスのアライ・ファイナンシャル(旧GMAC)によると、今年のリース車・中古車販売価格は大幅に下落する見込み。アライは3月、こうした見方を理由に挙げて2017年の利益見通しを引き下げた。

モルガン・スタンレーも31日の顧客向けメモで、中古車価格は2021年までに25─50%急落する可能性があるとの見方を示した。

株式市場もこうした兆候を意識。S&P1500の自動車販売セクターのサブ指数<.SPCOMAUTR>は年初から6.5%下落。自動車部品小売り大手アドバンス・オート・パーツ(AAP)<AAP.N>、自動車ディーラー最大手オートネーション<AN.N>、ディーラーのソニック・オートモーティブ<SAH.N>の株価は2桁台の値下がりを演じている。

こうした中で、6日に発表されるカーマックス<KMX.N>の決算が中古車販売セクターの指標になるとみられている。同社株は年初来で8%下落している。

7日発表の3月雇用統計は、非農業部門雇用者数の18万人増加が予想されている。失業率の予想は変わらずの4.7%。

5日には米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨も発表される。

今週の決算発表企業は、農薬・種子のモンサント(5日)、中国ファストフードチェーンのヤム・チャイナ・ホールディングス(5日)、ドラッグストアチェーンのウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(5日)、アルコール飲料のコンステレーション・ブランズ(6日)など。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  9. 9

    ファーウェイ副会長が帰国、中国当局が拘束のカナダ人2人も帰国

    ロイター

    09月26日 16:29

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。