記事

シルバーデモクラシーは存在するという現実をまずは直視すべき。年長世代と若年世代の利益のギャップが厳然としてある - 「賢人論。」第36回(前編)西田亮介氏

2/2


急速な生産性向上は土台無理な話。人間は機械ではない。

西田 一方で言われているのは職場の生産性を高めるという議論なんですが…あれ、僕は無理だと思うんですね。

みんなの介護 諦め方が潔いですね(苦笑)。

西田 普通に考えて無理じゃないですかね。それこそ人間は機械じゃありません。とくに年長世代の多い日本の職場では生産性が上がらないんですよ。だって、人はある特定の作業に慣れますよね。それを次の年から、あるいは次の日から「新しい作業をやってください」と言われたときに、急にできますかね。長い間同じ企業で、同じように職場で働いてきた人がそんなふうに切り替えられるかというとそういうわけにもいきません。プログラムやルールを変えたからといって、そんなにガラッと変わることができないから人は人なわけですよね。

それに、そんなに簡単に生産性向上できるんなら、企業はいちいち政府に言われなくともやっているはずですよ。だってそうですよね?企業からすれば、人件費は主要な固定費なわけで、なるべく削減したいはずです。政府に「合理化しろ」なんて言われなくたって、より合理的かつ低コストな労働力に置き換えたいと思ってるんですから。根強い日本的、昭和的な思考も阻害要因ですよね。

みんなの介護 日本的…というと?

西田 例えば幼稚園や保育園、介護の現場では、例えば“手書き文化”が主流です。プリントは手書きで書いたほうが、やれ温かみが伝わる、だとか。連絡ノートみたいなものも、幼稚園の先生方は頑張って手で書いて…みたいな。本当にそのプライオリティは高いでしょうか。

ちなみにキーボードで打って書いたほうが早いですよね?定規を使って直線をピーって書いて、ちょっと角度がおかしくなったら消しゴムで消して…なんてやらなくても、エクセルでささっとやったほうが早いじゃないですか。そもそも時間あたりの業務が多くて忙しいわけですから。そういったものを諦めるか、優先順位を落として、どんどんデジタル化していくのもやむを得ない。でも、それができないとすれば、そして現にできていないと思いますが、日本的、昭和的だと思います。

みんなの介護 書類のデジタル化の話ですと、介護の現場でもまったく同じことが言われています。では、どのようにすれば介護業界の合理化を図れるのか?引き続き伺っていきます。(中編に続く)

あわせて読みたい

「高齢化」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  2. 2

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  3. 3

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  4. 4

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  5. 5

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  6. 6

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  7. 7

    片山さつき氏 ブルーインパルス写真を“捏造”?著作権侵害を指摘の声も

    女性自身

    07月26日 11:15

  8. 8

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  9. 9

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  10. 10

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。