記事

資産家に共通する行動パターン

今回、弊社のお客様でいわゆる資産家と呼ばれる方々の「行動パターン」について、これまでのお付き合いを通して感じたことを考察していきたいと存じます。

まずは彼ら彼女らは何故ゆえに資産家なのかという点に関して、弊社のお客様においてはおおよそ3つのパターンに分類できます。


  1. 上場企業のオーナー又はその親族の方々
  2. かつて会社を経営していたが、ある時期に本業は譲渡し(又は廃業し)、残った資産を管理するといった過去において不動産賃貸業に転業したケース
  3. 現在会社や病院等を経営しながら賃貸業を行っているケース

となります。それぞれのバックグラウンドは大きく異なるが、こういった方々には共通点が存在します。


  • 普段の生活は至って質素

例えば、先方の家や事務所ではなく外で打ち合わせ、ということもあるですが、私がホテルのカフェテリア等にお誘いすると、どの方も「もったいない。スタバかどこかに行きましょう」とおっしゃる。

以前、大阪商人、京都商人、江戸商人の家訓を研究したことがあったが、どの家の家訓にも共通しているのが「質素、倹約、始末」という点でした。お付き合いを通じてこのことを思い出す機会がよくあります。


しかしながら何もかも質素かと言えば、自宅、別荘、車、趣味(旅行、収集等)におけるお金の掛け方はそれぞれだが、それはやはり庶民レベルとは若干異なるかもしれません(が、その程度もよく世間で言われている程の乖離はないと感じます。)

一方、子弟の「教育」には大きな投資をしていると感じます。

「教育」に対する費用対効果が実は一番大きいことを知っているからだと思われます。

  • それぞれの専門家を抱えている

代々引き継がれている場合が多いのですが、お抱えの税理士、弁護士等顧問の先生がしっかり存在する。

不動産に関連した打ち合わせの時、やはり伺っているとどの先生も数十年のお付き合いというケースが多い。

  • 金融機関もメイン銀行が存在しかつ長い付き合いをしている

資産家の方が皆さん、メインの銀行が都市銀行であるかと言えば、実はそうとも限らない。

弊社の顧問先は信用金庫や地方銀行をメインとしているケースが意外に多い。

例えば、不動産に投資するような場合、まずは長いお付き合いのメインである銀行に打診しているケースが殆どだ。

弊社にも毎週のように銀行からの融資紹介のお願いが来るが、なかなかこの関係に中に入っていくのは難しいのではないかと感じる。

金利の低さだけではなく、本当に困っている時に傘を貸してくれるのはどこの銀行か?ということをよくよく見ていると感じる。

ブラックスワンが現われた時、つまり非常時にどこが助けてくれるのかを。

  • 投資行動の共通点

資産家の方の投資行動の共通点は「じっくり待てる」ということではないでしょうか。

もう十分に資産がある故、無理に投資する必要がないと言えば無いのである。

資産を分散させる為に投資するなり、資産を守る為に不動産の買い替えを行う、又は相続税対策で投資を行うといったケースが多い故か「まあ、良い案件があれば、ご紹介下さい。それより空室を埋めないと・・・何か良い案はないかな」といった感じである。

しかし、「これは投資適格だ!」と判断された時の行動はそれ相当に早いと言えるでしょう。

つまり決断すべき時の決断力はしっかりおもちになられている。

その熟慮考慮した後の素早い決断力がある故に家業が今まで続いているのだと感じます。

***

不動産、不動産投資の全般のご相談は下記へ

長谷川不動産経済社

あわせて読みたい

「資産運用」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  3. 3

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  4. 4

    秋篠宮さま「即位辞退」の現実味

    NEWSポストセブン

  5. 5

    過去作否定? ターミネーター新作

    いいんちょ

  6. 6

    宗男氏 枝野代表に「お門違い」

    鈴木宗男

  7. 7

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  8. 8

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  9. 9

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  10. 10

    水害補償に山本太郎氏「お粗末」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。