記事

【ウォール街占拠】 ピューリッツァー賞記者は庶民に味方し逮捕された

1/2
 日米のマスコミ記者の違いを、これほど見せつけられたことはなかった。3日に起きたピューリッツァー賞受賞記者の逮捕劇のことである。


 クリス・ヘッジズ氏(55歳)。海外特派員として20年に渡り中米、中東、アフリカ、東欧情勢を見つめ、2002年にはニューヨークタイムズ取材陣の一員としてピューリッツァー賞を受賞する。

 超格差社会を作り出し庶民を生活苦に落とし込む米金融資本の総本山「ゴールドマン・サックス」に、100人余りの市民がデモをかけた。デモ隊の中には、クリス・ヘッジズ氏の姿があった。

 一行のうち10数人はゴールドマン・サックスが入るビルの玄関前で座り込んだ。ヘッジズ氏も一緒に腰を地面に据える。「座り込みを止めて退去しなさい。さもなくば逮捕する」、ニューヨーク市警の現場班長が拡声器で警告した。

 誰一人として警察の警告にたじろがない。皆、腕を絡ませ合って引き抜かれないようにした。それでも一人また一人と警察にゴボウ抜きにされていった。ピューリッツァー賞受賞者のヘッジズ氏とて例外ではなかった。

 逮捕されるたびに、デモ参加者からは「“Shame(警察は)恥を知れ」と怒声があがった。クリス・ヘッジズ氏逮捕の瞬間、怒声はひときわ大きくなった。

 デモに先立ち市民集会がウォール街のズコッティ公園で開かれた。同公園は全米に広がる「Occupy行動」発祥の地だ。地元ラジオ局が中継するなか、ヘッジズ氏は次のように発言した―

 「東独の反体制派リーダーと会った時、『(東西ドイツの統一は)多分一年後くらいだろうね』と語りあっていたら、1時間もしないうちにベルリンの壁が崩壊し、東西を行き来する人々で溢れた。改革を信じて前進することが大事だ。途中であきらめるな」。

 政治体制の崩壊を幾度も見てきたヘッジズ氏は、革命前夜の雰囲気がわかるのである。

 日本でジャーナリストがこうした発言をすれば、「アジテーションはやめろ(煽るな)」「報道と自分の意見をごっちゃにするな」と批判される。欧米のジャーナリストは現場で得た情報から危機を予見した場合は、踏み込んで発言する。日本の記者クラブメディアは「政府や学者がこう述べている」が中心だ。しかもこれを客観報道と称して自画自賛する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  2. 2

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  3. 3

    台風19号にみる野田前首相の英断

    早川忠孝

  4. 4

    素人の台風撮影に頼る報道へ苦言

    krmmk3

  5. 5

    避難所のホームレス拒否は差別

    大西連

  6. 6

    日本がラグビー界に衝撃 海外紙

    文春オンライン

  7. 7

    台風時に多摩川で泳ぐ男性に批判

    文春オンライン

  8. 8

    横浜・鶴見川 今後も氾濫の危険

    かさこ

  9. 9

    「命を守れ」で途方に暮れる都民

    やまもといちろう

  10. 10

    ラグビー日本代表選んだ韓国選手

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。