記事

【西岡武夫議長との思い出】

一昨日西岡武夫参議院議長が逝去された。心からお悔やみ申し上げたい。

西岡議長とは平成19年から21年にかけて、議院運営員会の場でお付き合いさせていただいた。当時の参議院は自民党が少数与党、野党の民主党が第一党で議席の過半数を押さえている状況で、今とは逆の、いやもっと酷い「ねじれ」状態であった。民主党の西岡さんは議院運営委員長、私は与党の議運筆頭理事という立場であった。憲政史上初の本格的なねじれ国会の中で、ある時はお互いに知恵を出し協調し合いながら、一方である時は激しく角を突き合わせる場面もあった。

しかし表舞台以外の場では、昭和38年初当選(私が1歳の時だ!)の大先輩と一人の若手議員としていろいろと親しくご指導をいただいた。私などとは比べ物にならない凄まじい政治的修羅場を乗り切ってこられた西岡さんの一言一言には非常に重みがあり、大変勉強になった。特に若い頃から自民党改革に取り組んでこられた西岡さんには、今の自民党改革に苦闘する私として共感できるところも多かった。

当時の議運理事会メンバーはなぜか若手議員が多く、頻繁に与野党の立場を超えて西岡さんを交えて飲みに行った。お酒を飲まれない西岡さんが我々若手議員の青臭い議論をにこやかに聞いておられたのが強く印象に残っている。

私が議運を離れた後も色々と気にかけていただいた。議長になられてからも、私が予算委員会で質問に立った直後に携帯に直接電話を頂き、「今日の質問良かったよ」と声をかけていただいたことも何度かあった。

最後にお会いしたのは8月末の臨時国会最終日だった。携帯に議長秘書から「議長が至急お会いしたい」とのメッセージをもらい、何事かと議長室に駆け付けたところ、「SIMロックフリーのiPad2を使いたいから、アドバイスしてくれ」という用件だった。実は西岡さんは以前からデジタルガジェットに強い関心を持っておられ、議運時代もスマートフォンに関して何度かお手伝いしたことがある。「分かりました。では私が海外から日本の基準に合致したものを取り寄せて、セッティングしましょう」と請け負った。

そのまま雑談になり、西岡さんは「代表選は本気で出馬するつもりだった。世耕さんたち参議院の後輩に先鞭を付けることが出来るでしょう」とニヤッとしながら話された。「参議院から首相を狙ってもいいんだという気概を持て」と暗に励まされた気がする。

また最後に「震災復興に政府の動きが遅いから、議員立法でどんどんやっていこう。まともな政治家が政党をまたがった連携をして、復興のための議員立法を行う仕組みを議長として作るから、その時は絶対に参加してくれ」と言われた。突然の話で驚いたが、西岡さんの復興への熱い思いがひしひしと伝わってきた。

9月中旬にiPad2は海外から届いたが、その後西岡議長は体調不良のため国会に登院されることも少なくなり、お会いしてお渡しするチャンスを逃したのが心残りである。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  4. 4

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  5. 5

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  6. 6

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  7. 7

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  10. 10

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。