記事

ブレグジット「取消可能」、貿易交渉前の法案決着必要=欧州議会

[ブリュッセル 29日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)手続きについて、欧州議会は29日、取り消し可能との認識を示した。

来週採決予定の決議案を公表した。英国内のEU残留派を勢いづかせるために、離脱手続きが後戻り可能と認め、譲歩する姿勢を示したものとみられている。

また、EUと新たな貿易協定交渉を始める前に、英国側が離脱法案で決着をつけることが先決とした。

英国が取りまとめる離脱法案は、未払いのEU予算拠出金のほか、離脱に伴って発生する諸費用なども網羅すべきと訴えた。

このため、英国への請求額は直近で指摘された600億ユーロ(645億ドル)を上回る可能性もある。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    政府のデジタル化策は正しいのか

    山田太郎

  8. 8

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  9. 9

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。