記事

スマホで墓参り! お坊さんが読経する姿をYouTube中継する「どこでもお墓参」が発売

「お墓参りに行きたいけど遠い」「病院や施設に入っているので行きづらい」……。お墓参りひとつとっても、様々な問題が出てくる。

これらを解消するため墓地霊園の販売などを行う幸巡は3月27日、お墓参りをネット中継するサービス「どこでもお墓参(ぼーさん)」を発売開始することを発表した。

自宅の仏壇にスマホを置いて動画再生 価格は1万5000円

「お墓参」と書いて「おぼーさん」

「お墓参」と書いて「おぼーさん」

「どこでもお墓参」は、僧侶が墓前で供養する様子を、ユーチューブ上でライブ配信するというもの。時間さえ合えば、家が遠く離れた親族とともにお参りができる。同社が運営する大分県・金剛宝寺のサイトには、以下の説明文が書かれている。

「自宅の仏壇にいつも通り、線香、ローソク、お供えを用意していただき、準備ができましたらご仏壇にスマホを置いて動画を再生してください」

宗派は問わず、仏壇がなければどのような場所で再生してもいいそうだ。動画は施主専用の読経を含め、約10分程度。価格は、お墓参りに必要なセット(お花、故人の好きな物、焼香)がすべて含まれ1万5000円となっている。

このサービスは同県の阿蘇くじゅう国立公園内の樹木葬で、永代供養を行っているお墓のみに対応している。今後は360度パノラマ映像やVRなどを使用し、より臨場感のあるお墓参りを体験できるようにしていく予定だ。

古来よりあった「遠隔地供養」のネット版

だいぶ型破りのサービスのように思われるが、昔からあった「遠隔地供養」を現代のニーズに応えたもののようだ。古来より、遠方に住んでいて中々墓参りに行けない人のために、代わりに現地でお経を唱えて札を送る「遠隔地供養」が行われていた。これがネットを通じてより簡単に行えるようになったのが「どこでもお墓参」だ。このサービスについて同社は、

「お墓を守りたい、お墓参りに行く労力が無い、お墓参りを他者にお願いする費用がない、そんな少子高齢化の労力不足という社会の問題に対して私たちが解決のお手伝いしたいと思って始めました」

としている。

あわせて読みたい

「Webサービス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  5. 5

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  6. 6

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  7. 7

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  8. 8

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  9. 9

    入院制限の前にやることがあるでしょう

    鈴木しんじ

    08月05日 14:09

  10. 10

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。