記事

イマドキ10代のSNS事情 「フェイスブック離れ」が顕著に、一方で7割はツイッターを利用

意識調査を行うテスティーは3月28日、若年層のSNS利用に関する調査の結果を発表した。調査は3月22~23日、10代20代の男女2010人を対象にインターネットで行われた。

10代のフェイスブック利用率は2割以下

SNS利用調査

SNS利用調査

まず「SNSを利用している」と答えた人は、10 代で76.1%、20代で76.0%と非常に多く見られた。10代に一番多く利用されているのは「LINE」(93.1%)で、2位以降は「ツイッター」(73.4%)、「スノー」(50.7%)と続く。

20代も、1位「LINE」(89.5%)、2位「ツイッター」(61.1%)と10代同様の結果となったが、以降は「インスタグラム」(45.6%)、「フェイスブック」(43.8%)と続く。両世代とも「LINE」の利用率が非常に高かったが、一方で10代の「フェイスブック」利用率は18.8%に留まっており、10代のフェイスブック離れが顕著となった。

「一番利用頻度の高いSNS」を尋ねると、10代の63.3%、20代の68%が「LINE」と回答していた。また10代に「LINEの友達の人数」を聞くと、ばらつきはあるが7割以上が30人以上いると答え、最高人数は550人だった。20代は「LINEの友達の人数」は約6割が30人以上で、最高人数は630人だった。利用率・頻度の側面から見ても「LINE」は若年層から支持を得ていることが分かる。

他人を気にしすぎてしまう「SNS疲れ」がイヤで辞める人も

少数派ではあるが10代の23.9%、20代の24%が「SNSをやっていない」と答えている。その理由として10代からは、
「スマホを持ったばかりだから」(15歳女性)
「電話・メールで事足りるから」(18歳男性)
「設定が面倒だから」(15歳女性)
と面倒くささやSNSを使わなくても不自由を感じていないという声が出ていた。20代からは
「セキュリティが心配、情報漏洩が怖い」(24歳女性)
「人に干渉されたくないから」(29歳女性)
と安全面を気にするなど意識的にやっていない人もいることが判明した。また、以前はSNSを利用していたという人にやめた理由を尋ねると、
「逐一他の人が気になり一喜一憂してしまうから」(29歳女性)
「嫌がらせがきたことがある」(28歳女性)
「発言に気を使う」(17歳女性)

など「SNS疲れ」を感じさせる意見が寄せられた。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  4. 4

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  5. 5

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  6. 6

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  7. 7

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  8. 8

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  9. 9

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  10. 10

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。