記事

トランプ政権の政策は不透明、FRBは依然様子見=パウエル理事

[モーガンタウン(米ウェストバージニア州) 28日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル理事は、医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案が撤回されるなどトランプ政権の経済政策をめぐる不透明感があるため、景気の変化を見極めるのはFRBにとって困難との見解を示した。

講演後、記者団に対して述べた。

オバマケア代替法案が先週、撤回されたことについて聞かれると、理事はトランプ大統領の政策の「実行時期や内容」は不透明と指摘。

「政策を巡る不透明感がこれほど強い中、政策の影響を(景気見通しに)組み入れるのは困難だ。そのため、現時点で影響を組み入れることはしない。今の段階では、様子見せざるを得ないだろう」と語った。

理事は、米経済はしっかりとした軌道上にあり、年内の利上げ継続は正当化されるとの見方を示した。理事は「緩やかな利上げ路線を維持するのが適切」とした上で、「一段の(利上げ)余地はある」と述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。