記事

米FRB議長、教育・技能訓練の重要性強調 金融政策に言及せず

[ワシントン 28日 ロイター] - イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は28日、低所得層やマイノリティー社会における失業率の高止まりを解消するには、教育および技能訓練への投資が欠かせないとの考えを示した。講演原稿で述べた。

金融政策や経済見通しに関する言及はなかった。

米国全体の失業率は4.7%と、多くのFRB当局者が完全雇用と考える水準に低下している。

だが低中所得層の失業率は2011─15年の平均が13%と、高所得者層の7.3%を大きく上回っていると議長は指摘。低中所得層の多くはマイノリティーが占めるとし、このベースでは失業率が14.3%に達すると述べた。

教育水準と所得の高さは相関関係にあることを踏まえると、教育への投資は不可欠と指摘。とりわけ上級学位を取得できなかった低所得者層の労働者への訓練も重要との考えを示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  5. 5

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  7. 7

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  8. 8

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    ニトリが島忠にTOB 家具業界の変

    ヒロ

  10. 10

    意外に多い「やり過ぎ感染対策」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。