記事

女子高生の3割が「スマホを捨てたいと思ったことがある」―「若者のスマホ利用実態調査」で明らかに

ビッグローブは3月24日、「若者のスマホ利用実態に関する調査」の結果を発表した。調査は3月13~15日、スマホを所有する15~49歳の男女(世代・性別ごとに100人ずつ)計800人を対象にインターネットで行った。

「悩んでいたときにネッ友の人が相談にのってくれたりした」

なお「初めてスマホを持った年齢」を、大人世代も含め、学生時代の部活動別に調査したところ「帰宅部系」(23.3歳)、「文化部系」(24.6歳)、運動部系(27.8歳)となり、「運動部系」の人はスマホデビューが遅い傾向があることがわかった。

女子高生に注目すると、「スマホを捨ててしまいたい(離れたい)と思ったことがある」と回答した人は27%ではあるが、各世代の中で一番多かった。

「スマホを捨てたい」と思った理由について、10・20代は「やるべきことに集中したい」「人間関係で悩んでいるとき」等とコミュニケーションを断ち切りたいときを挙げている。30代は「自分の現在や将来に関して不安があるとき」、40代「のんびりしたいとき」だった。

また「スマホにピンチを助けられたり、心が救われたりしたことがある」と回答した人が63%と一番多かったのも女子高生だ。調査では、次のエピソードが寄せられていた。

「問題集を学校に忘れた際に、友人がカメラで撮って送ってくれた」(18歳女性/神奈川県)
「悩んでいたときにネッ友の人が相談にのってくれたりした」(18歳女性/大分県)

スマホを捨てたいときもあるが救われることも多いため、捨てきれないのが実情のようだ。

テレビとスマホ動画についても、各世代と比較することで「若者」の傾向が顕著にみられた。

テレビ視聴時間は、「3時間以上」視聴すると答えたのは40代が31%でトップ。年代が若くなるほど長時間視聴の割合は少なくなり、10代は14.7%。10代は4割以上が「1時間未満」と答えているが、「テレビを見ない」人は3.6%に留まった。

一方、10代のスマホ動画視聴時間は他の年代に比べて長く「1時間以上」が37%、「3時間以上」が13.8%となり、各世代の中で1位という結果になった。

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  2. 2

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  3. 3

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  4. 4

    「しょっちゅう人手不足になるところでは働くな」が本当なら

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    12月03日 15:30

  5. 5

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  6. 6

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  7. 7

    きな臭いウクライナと台湾問題 ウクライナがNATO加盟ならロシアとの関係は致命的に

    ヒロ

    12月03日 11:22

  8. 8

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  9. 9

    岸田政権の55兆円規模の経済対策は赤字国債頼み 費用対効果を示すべき

    わたなべ美樹

    12月03日 13:23

  10. 10

    「こども食堂とこども庁のあり方」むすびえ代表 湯浅誠さんと勉強会開催

    山田太郎

    12月03日 13:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。