記事

3月23日(木)ムネオ日記

 「『戦友・沢村』やっと再会 元同期兵、伊勢で墓参り 娘と対面、面影たどる」という22日毎日新聞夕刊10面の記事に目が止まった。

 沢村とは東京巨人軍で活躍した沢村栄治投手のことで、1944年12月、27歳で戦死された。

沢村投手の生誕100年を記念し、三重県伊勢市で巨人と日本ハムのオープン戦が開催され、100歳になる同期の元兵士鳥羽市に住む中西時次郎さんが伊勢市の沢村さんのお墓にお参りし、試合前には沢村さんの一人娘酒井美緒さん(72歳)と初対面したとのことである。

 一人娘の美緒さんは沢村投手の戦死当時まだ生後5か月だったという。戦争がなければ沢村栄治投手が野球人として数々の記録を打ち立てたであろう。私も野球好きで物心ついた時から沢村栄治投手はアメリカのあのベーブルースを三振に取ったと聞かされていた。

 小学3年生の時、川上哲治選手のファンで「背番号16物語」という本を何回も読んだことが想い出される。川上選手は運よく戦地から戻り、野球界に復帰し数々の記録を打ち立てた。戦争という、あってはならないことでの犠牲者である沢村栄治投手であった。

 100歳になる中西時次郎さんは「あんな立派な選手を戦争に送り出したのは間違っていた。もう二度と戦争はしてはいけない」と語っている。

重く尊く胸に刻まなければならない言葉でないか。改めて平和を考えるものである。

16時より3月東京大地塾。今回のテーマは18日行われた日ロ外務次官級の北方四島における共同経済活動公式協議について佐藤優さんよりお話して戴く。

日本・ロシア相方より具体案が出され、モスクワで行われる次回協議までに検討がなされていく。

先ずは何が出来るか絞り込む必要があるのではないか。とにかく実現に向け外務官僚は汗をかいて戴きたい。

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  5. 5

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  6. 6

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  9. 9

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  10. 10

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。