記事

秘書は本人のために働く

昨日、総理夫人付き秘書役の谷査恵子さんのファクスが話題に上った。

秘書の立場の人間が、依頼者への返答の末尾に、「本件は、◯◯(本人)にも既に報告させて頂いております」と付け加えている意味は大きい。

1秘書が本人に知らせずに個人的に対応している案件でないこと

2依頼者への伝達内容について報告を受けた本人が「諒」としていること

の2点が見て取れる。

依頼者への返答に上記の文言を付する事は、本人と秘書役との任務分担と一体性の両方を示す為に日常的に用いられる。

この文言が付されているにも関わらず、秘書役が個人的依頼に対して親切心の範囲程度に回答したものであるかのように政府は説明している。

私自身が、秘書の立場も秘書の手助けを受ける議員の立場も両方経験している。

秘書役の任務と秘書に手助けを受ける者の責任と、いずれから見てもあまりに牽強付会で理不尽なこじ付け的解説に憤りを感じて筆を取った。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。