記事

米SEC委員長候補「不正取り締まりに尽力」、公聴会で表明へ

[ワシントン 22日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)の次期委員長に指名された弁護士のジェイ・クレイトン氏は、23日の承認公聴会で不正の取り締まりに尽力する姿勢を強調する意向だ。

ロイターが確認した準備原稿の抜粋で明らかになった。

同氏は原稿で「米金融システムにおける詐欺や疑わしい慣行を一掃することに100%コミットしている」と表明し、「誰に対しても特別扱いすることはないと誓う」としている。

上院銀行委員会での公聴会では、ウォーレン上院議員ら進歩的なメンバーにとってこうした発言が重要になる。

クレイトン氏は法律事務所サリバン・アンド・クロムウェルのパートナーとして主に企業の資本調達を担当。ゴールドマン・サックスなど金融業界ともつながりがあることから、ウォーレン議員はクレイトン氏の法令執行能力に懐疑的な見方を示している。

ただ、クレイトン氏は難なく承認されるとみられており、一部の民主党議員も賛成票を投じる可能性がある。

準備原稿ではさらに、「以前と比べ、企業にとって米公開資本市場の魅力が低減したのは明白だ」とし、「企業投資家の投資機会は比較的限られており、改善の余地がある」との考えを示している。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  7. 7

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  10. 10

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。