記事

米政府がマルハナバチの一種を絶滅危惧指定、90年代以降9割減少

[21日 ロイター] - 米政府は、かつて米中西部と北東部の北寄り地域に生息していたマルハナバチの一種である「ラスティーパッチド・マルハナバチ」を、絶滅危惧種として国の保護下に置く対象リストに加えた。米大陸本土の野生のハチとしては初めてのケースとなる。

リスト付記は昨秋オバマ前政権が提案していたが、トランプ政権がオバマ政権時代の広範囲な規則を凍結した措置の一環として延期されていた。

米魚類・野生動物局(UFS)によると、マルハナバチはブルーベリーやクランベリーなどの作物の受粉に不可欠な受粉生物(ポリネーター)で、トマトについては米国内でほぼ唯一のポリネーターとなっている。

UFSによると、「ラスティーパッチド・マルハナバチ」は、数と分布において1990年代以降約90%減少している。激減の理由として、病気、殺虫剤、気候変動、生息地の喪失など複数の要素を挙げている。

国際自然保護連合(IUCN)によると、ラスティーパッチド・マルハナバチを含め、米国とカナダには48種の野生のマルハナバチが分布し、その約4分の1が絶滅の危機に瀕している。

あわせて読みたい

「絶滅危惧種」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。