記事

ベライゾンとAT&Tがグーグルへの広告提供を一部中止

[22日 ロイター] - 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズ<VZ.N>とAT&T<T.N>は22日、アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルと動画共有サイトユーチューブへの広告提供を一部中止したと発表した。いずれも社会的に問題のある動画とともに広告が掲載される不安がある点を理由に挙げた。

AT&Tは「われわれは自社の広告がテロやヘイトを扇動する動画と並んで出てしまうことを深く懸念している」との声明を出し、非検索プラットフォームから広告を引き揚げた。

ベライゾンも検索時に表れるスポット分を除いたグーグル上のデジタル広告を停止。広報担当者は電子メールを通じて、同社がデジタル広告のパートナーと協力して状況の理解に取り組んでいるので、将来的には問題のある動画に広告が掲載される事態を防げるとの考えを示した。

グーグルは個別の顧客についてのコメントは拒否したが、広告運営方針の見直しを始めていることを明らかにした。

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  6. 6

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  7. 7

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  8. 8

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  10. 10

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。