記事

家庭で「無煙」がなぜ可能? 焼肉専用コンロ「やきまる」の秘密

1/2

石井和美=文

自宅で焼肉をすると、どうしても気になるのが煙。しかしイワタニの焼肉用ガスコンロが「本当に煙が出ないし、直火だからおいしく焼ける」と評判だ。しかし中を開けても非常にシンプルな作りで、センサーやファンなどが付いている様子もない。この構造で、なぜ煙が出ないのだろうか?
【最終ページに商品企画書を掲載】


リンク先を見る

焼肉を自宅で楽しみたいと思っても、煙に困るのでなかなかできないという人は多い。そんな悩みを解決した「煙を出さない」という「カセットガス・スモークレス焼肉グリル 『やきまる』 CB-SLG-1」(以下、やきまる)が人気だ。その仕組みは一体どうなっているのだろうか。

やきまるを発売したのは、カセットガスコンロでお馴染みの岩谷産業。2016年8月に発売されてすぐに、主婦の間で口コミで話題となり、発売直後から年末までは品薄で買えない状況になっていた。筆者も今年になって買うことができ、実際に家で焼肉を楽しんでいる。やきまるで肉を焼くと、確かにほとんど煙が出ない。今までは焼肉をするたびに火災報知器が鳴り、家中に焼肉のニオイがついてストレスだったが、そんな悩みも解消された。

不思議なのが、特に最新のテクノロジーを使っているようには見えないこと。一通り中を確認してみても、ファンやセンサーが付いているわけでもなく、普通のカセットガスコンロなのだ。なぜ、ここまで煙を抑えることができるのか? 同社の新商品開発担当の福士拡憲氏に、やきまるの企画書を見せてもらい、話を聞いた。

■やきまるの気になるポイント
・煙が出ないのはなぜ?
・焼き面を約210~250度にコントロール
・汎用カセットコンロよりも、火力がかなり“低い”
・肉の脂が下に落ちてヘルシー
・プレート表面はフッ素加工、洗いやすい構造で手入れがラク
・実売価格5700円程度と、他の無煙ホットプレート(電気式)に比べて安価
画像を見る
構造は非常にシンプルで、汎用カセットコンロと大差はない。なぜこれで煙が抑えられるのか?

煙が出ないポイントは2つ

やきまるは煙を抑える機構を備えたカセットガス式のコンロだ。特徴は、約210~250度にプレートの温度をキープできる構造と、肉から出た脂に火がつかないよう、水皿に確実に落とす通り道を作っていること。煙を出さないカセットコンロとして、特許を申請している。

煙が出ないだけでなく、美味しさにもこだわっている。電気式のホットプレートと違い、直火で焼けるため、焼き面温度の立ち上がりが早く、肉をこんがり焼くことができる。直火式でありながら煙を抑えられるということでSNSやブログ、口コミなどで評判となった。1年の販売目標は3万台としていたが、2016年8月に発売してから2017年3月の予約受注分までで、既に6万台の販売台数を記録している。

画像を見る
プレートの下にあるドーナツ型の水皿に水を入れてから肉を焼く。網を外す専用の取っ手も付いているのが、ちょっぴり焼肉店気分。

温度センサーはないが、表面温度約210~250度をキープ

煙を出さないようにする一番簡単な方法は、プレートの温度を下げることだ。従来「煙が出ない」とうたうホットプレートはそうなっていたが、プレートの温度を下げて肉を焼くと、見た目は焼けていても、水分が抜けて美味しくない。

「開発で一番苦労したのは、プレートの温度です。プレートの表面温度を250度以下に抑えれば煙は出にくくなることはわかったのですが、210度より温度が下がってしまうと肉の水分が抜けてしまいます。そこで、210度から250度の一定の温度に保つ構造にするため、色々試しました」(福士氏)

画像を見る
プレートの大きさやバーナーからの高さを調節し、熱をプレートに均一にこもらせ、表面の温度を一定にコントロールしている。

やきまるの開発が始まったのは2014年。都心部では、家で焼肉がしたくても高気密のマンションでニオイが気になったり、煙で火災報知器が鳴ったりしてしまう。結局外食にするか、外でバーベキューという人は多く、なかなか家で焼肉を楽しむのは難しかった。そんな状況を変えるために、煙を気にしないで焼肉を美味しく食べられるカセットコンロを作りたいという思いから、開発チームのメンバーでアイデアを出し合ったという。バーナーの直径、バーナーからプレートまでの距離、発熱量、組み合わせを変え、試験機を作って実際に肉を何度も焼いた。

Point1:温度の“低さ”

「焼肉といえば、強火でサッと炙るようにして食べるのが美味しいと思いますよね。しかし家庭用のプレートでは逆だということに気付きました。現在イワタニで売れ筋の汎用カセットコンロは、だいたい2500~3000kcal/h。しかし色々試した結果、やきまるの発熱量は900kcal/hに設定しました」(福士氏)

「kcal」は、ガスコンロの火の強さを表す単位であり、ガスが燃えて発生する熱の量だ。数値が大きいほど、ガス消費量の値が大きくなるので、火力も強いということになる。イワタニではやきまるの他にも特化型のカセットコンロを出しているが、「たこ焼器 スーパー炎たこ」は1500kcal/h、「炉ばた焼器 炙りや」は2000kcal/h。たこ焼器や炉ばた焼器と比べると、やきまるは900kcal/hなので明らかに発熱量が低いが、「薄い焼肉用の肉を高火力のカセットコンロで焼くと、焦げて煙が出てしまいます」と福士氏は語る。

画像を見る
イワタニでは汎用カセットコンロのほか、カセットボンベを使った専用器を販売している。上から時計回りに、「炉ばた焼器 炙りや」「やきまる」「たこ焼器 スーパー炎たこ」。それぞれ用途に合わせた火力になっている。

ただし、温度が低過ぎると、ほどよい焦げ目がついた美味しい焼肉には遠い焼き上がりとなる。そのボーダーラインは210度。つまり、カセットコンロを使って煙を出さず、美味しく焼ける最適な温度は210℃から250℃の間と限られているのだ。

そこで、バーナーやプレートの大きさ、火力などをすべて見直し、バーナーとプレートの間に適度に熱がこもるようにバランスも調整した。最大火力のまま加熱を続けても温度が250℃以上にはならず、210℃以下にも下がらない一定の温度を保つことができる。焼肉をしながら火力を調整する必要がなく、常に最大にしておけばベストなプレートの温度で焼肉を楽しめるのだ。

あわせて読みたい

「焼肉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。