記事

米国株式市場は大幅安、減税策の実施遅れるとの懸念で

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米国株式市場は大幅に下落して取引を終えた。トランプ米政権の掲げる大規模減税がこれまで米株価を押し上げてきたが、実施が遅れることへの懸念が強まり、売りが優勢となった。

S&P総合500種とダウ工業株30種はいずれも1%超下落し、昨年11月の米大統領選以降で最大の値下がりとなった。

S&P金融株<.SPSY>は2.87%安と昨年6月以来の大きな下落率。利上げが追い風となる金融株は、先週の連邦公開市場委員会(FOMC)後、連邦準備理事会(FRB)の利上げが緩やかなペースになるとの見方から売り注文が目立っている。バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>はこの日、5.8%下落。ゴールドマン・サックス<GS.N>も3.7%安だった。

テーミス・トレーディングのマネジングディレクター、マーク・ケプナー氏は「先週は、FRBがもう少しタカ派的になるかもしれないとの観測もあったが、そうはならなかった。金利上昇は、銀行が期待しているよりはやや小幅になる」と指摘した。

米議会共和党は、医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案の修正案を策定し、23日にも下院本会議での審議に下院本会議での審議に持ち込む構え。ただ、野党・民主党が反対で団結を強めており、共和党内からは多数の離反者を出せない状況だ。

オバマケアの修正にてこずっていることを受け、市場ではトランプ政権は企業減税に関しても後退を強いられるのではないかとの見方が広がった。

中・小型株が中心のラッセル2000指数<.RUT>は2.71%安。昨年9月以来の大きな落ち込みだった。

一方、株式投資化の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数)<.VIX>は10%上昇と跳ね上がった。

個別銘柄では、四半期決算の内容が市場の失望を誘った米宅配大手のフェデックス<FDX.N>が、時間外取引で3%安。

騰落銘柄比率はニューヨーク証券取引所が3.92対1、ナスダックは5.25対1で、いずれも下落銘柄が上昇銘柄を上回った。

米取引所の合計出来高は約83億株で、過去20営業日平均の71億株を上回った。

あわせて読みたい

「米国株」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。