記事

なぜ沖縄の若者たちは、地元と暴力から抜け出せないのか? - 打越正行氏インタビュー

1/3

沖縄の下層の若者たちは、剥き出しの暴力に支配された地元や職場からなぜ抜け出せないのか? それは生活様式や「文化」の問題ではなく、産業構造や経済の問題だと語る打越正行氏に話を伺った。(聞き手・構成/芹沢一也)

――打越さんの研究について教えてください。

私は、若者文化、なかでも暴走族、ヤンキーの若者の文化について研究しています。そうした若者たちと活動をともにし参与観察をしたり、彼らに生活史インタビューを行ってきました。

暴走族のバイク倉庫に通い、建築現場で一緒に汗を流しながら、彼らの生活と仕事について調べるんですね。そのなかで、彼らが建築業や風俗経営業、違法な就労などといった、厳しい生活や仕事になぜ就くようになるのか、つまり沖縄の下層若者の就労をめぐる再生産過程に関心を持ちました。

沖縄には「ゆいまーる」という、相互に友好的に助け合う「つながり」があるといわれます。ところが、調査を進めていくうちに、このような「つながり」は下層の若者たちの社会には存在しないか、あるとしても異なるかたちで存在しているという事実に直面しました。

そして、下層の若者たちの「つながり」の基盤には「地元」があること、この「地元」こそが、彼らの再生産を成立させるカギとなっていることがわかってきたんです。

ここでいう「地元」というのは、仕事はもちろん、生活や余暇、家族関係やお財布事情や交友関係など、あらゆるものが筒抜けで抱え込まれる社会です。その分、いろいろな意味でしんどいのですが、沖縄の下層労働(建築業、風俗経営業、違法就労)の再生産に適合的です。地元の後輩を丸ごと抱え込むことで、それらの業界はなんとか厳しい状況に対応してきたのです。

このように私の研究は、ポール・ウィリスの『ハマータウンの野郎ども』を、現代の沖縄で展開することといえます。ウィリスはイギリスのハマータウンで、製造業の息子たちが、一見不利に見える製造業に積極的に就くにいたった過程を説明しました。

同じように、現在の沖縄の過酷な下層労働の再生産過程を、沖縄の暴走族・ヤンキーの若者の生活に沿って読み取り、「もうひとつの合理性」として読むことのできるエスノグラフィを描くこと。これが私の中心となる仕事です。

画像を見る

暴走族の「パシリ」になる

――2002年に広島市で調査を始められたとのことですが、20代半ばの大学院生が暴走族の少年たちに声をかけるときは勇気がいったのではないでしょうか。

2002年、広島市で、暴走族の少年らに声をかけ、調査を始めようとしました。最初のやり取りを『最強の社会調査入門』(ナカニシヤ出版)で、以下のように書きました。

筆者「すいません、暴走族に興味があってメンバーにして欲しいんですけど……。」

少年A「だめ!」

(その他のメンバーは笑う。)

筆者「(少年Aに対し、)なんで、だめなんですか?」

少年A「どうしてもだめ!」

筆者「はー、そうですか。(集会には)できるだけ参加しますし、決まりも守りますけどだめですか?」

(沈黙)

少年B「おもろいじゃん。」

少年C「ええじゃん、やらせてみようや。」

(沈黙)

筆者「だめですか?」

少年A「だめに決まっとるじゃろうが、年(が違うけん)よのー。ええかげんにせーよ、われ!」

筆者「すいません。」

最初に声をかけた暴走族には、残念ながら加入を断られました。仕方がないので、違う暴走族に、調査を目的として加入させて欲しいとお願いしました。すると、そのチームのリーダーがまず話をしてから判断するということになり、近くのファミリーレストランに移動することになりました。

そのとき、15、6歳の彼らは、私に原付バイクの移動を頼んできました。周囲には私服警官がたくさんいたので、運転免許証を持つ私が移動した方が、なにかと面倒なことが起こらないからだと説明されました。

私は素直に納得して、渡された鍵でバイクのロックを解除しました。その瞬間、私は私服警官に脇を固められました。「お兄さん、このバイクどなたのもの?」。バイクは盗難車でした。その後、警察署に移動し取調室で怒鳴り散らされたあげく、始末書をかかされました。ミイラ取りがミイラになるとはこのことです。これが私と暴走族少年らとの最初の出会いでした。

――洗礼を受けたわけですね。

はい。私の初めての調査は、このように失敗しました。今となっては、鍵を渡された時点で窃盗バイクの可能性を読み取れないのは、とても恥ずかしいです。そしてこの出来事は、当時の広島市の暴走族の間に一気に知れ渡りました。

ただこれをきっかけに、その後はどの暴走族に取材のお願いをしても、私は「捕まった人」と認知され関係性を築くきっかけとなっていきました。また「なにも知らない人」とのレッテルを張られることで、ことあるごとにいろいろと教えてもらうこととなりました。結果として、よいポジションで調査を進めることができたといえます。そしてこの経験が、その後の沖縄での調査にも生きました。

――沖縄にフィールドを移して、「パシリ」として調査をつづけていくのですね。

佐藤郁哉さんが『暴走族のエスノグラフィー』という本を書かれています。佐藤さんは1983年に、京都のある暴走族をカメラマンとして「取材」しているんですね。そこで2007年、沖縄・ゴーパチ(国道58号線)で、私も佐藤さんと同じカメラマンとして暴走族の少年らとともに活動しようと試みました。

しかし私はいつの間にか、暴走族のパシリになっていました。当時28歳だった私は、10代の少年に指示されて、おにぎりや飲み物の買い出しに行かされました。この他にもバイク改造の際の手伝いや、バイク倉庫の清掃を担当しました。

その結果、徐々にパシリとしての評価をえていきました。2017年現在、少しは認められるようになりましたが、私の活動内容はいぜんとしてパシリのまま変っていません。

画像を見る

あわせて読みたい

「沖縄」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  6. 6

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  8. 8

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  9. 9

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  10. 10

    ひきこもりは幸せなら問題ない?

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。