記事

専門書の電子化を進めてほしい

日本の出版社は、どちらかと言うと電子書籍に消極的なのが多いが、専門書あたりで進めてみてはどうだろう。(一部ではそういう動きもあるが)

大多数の専門書は500冊とか1000冊くらいしか刷られない。そのうちの半分くらいが図書館に行くとして、あとの半分くらいは関係する研究者や院生が買って終わりというような具合である。

こうした小さな供給と小さな需要で話が済むなら問題無いが、専門書の場合は二次市場での動きが意外に多い。後から注目されるようになった文献等は、新刊を買おうと思っても絶版になっていることが多い。だから、西日本の研究者が国立国会図書館にまで新幹線ではるばる行って本を借りたり、あるいは、amazon で中古の本を万単位のお金を出して購入したりというのが多く見られる。後から注目された文献に限らず、別の分野に新規参入するような研究者や学生は、過去の文献を安く手に入れられない事も少なくない。

当然、小説の市場のように、専門書を電子書籍にしても、本1種類当たりでは多数捌けることはないだろう。しかし、中古市場や研究者の実態なんかを見ていると、そこそこ高くても売れるはずだ。しかも、研究する立場としては、電子化されている方がかさばらないし、便利である。タブレットとかで使えたら、書籍に出てくる用語を読みながらちょっと検索とかしたりとかで。専門書の種類自体は多いので、トータルでは割と大きな市場になるだろう。

現時点でも専門書を扱う電子書籍の会社はあるが、余りにも数が少なかったり、そもそも会社が分散していたりするから、どこか大きな会社がまとめて出してくれないだろうか。儲かるかどうかは知りません。

半分以上は個人的希望ですが。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。