記事

情報BOX:英国のEU離脱へのカウントダウン

[ブリュッセル 20日 ロイター] - 英国のメイ首相は3月29日に、欧州連合(EU)基本条約(リスボン条約)50条を発動し、EUに対して正式な離脱通告を行う。首相の報道官が20日明らかにした。

離脱手続きは正式通知から原則2年で完了する。EU離脱(ブレグジット)の行程表をまとめた。

◎離脱通知

3月25日 ローマ条約調印60周年の首脳会議がローマで開かれる。英国を除く27加盟国が参加。メイ首相は会合の妨げにならないよう、離脱通知を翌週に延期する。

3月29日 EU離脱手続き開始に向けたリスボン条約50条発動を通知する書簡をトゥスクEU大統領に送付する。

◎EU首脳会議

3月29─31日 トゥスクEU大統領は、メイ首相の書簡を受け取ってから48時間内に27加盟国に離脱交渉に向けた指針の草案を配布する。

5月4日 トゥスク氏は約4週間後に臨時首脳会議を招集する見通し。首脳会議では交渉の指針を最終決定し、欧州委員会のバルニエ首席交渉官に交渉権限を付与する。今年は4月16日がイースター、仏大統領選の初回投票が4月23日で、5月1日は休日、5月7日は仏大統領選の決選投票が予定されているため、5月4日の開催となる可能性がある。

5月5日 バルニエ首席交渉官はすぐさま交渉の枠組みに関する詳細な勧告を首脳会議に回答する。5月8日と9日が休日であるため、欧州理事会への回答を1日で行わなければならない可能性がある。

◎指令

5月 英国を除く加盟国の閣僚理事会が招集され、バルニエ氏および同氏が率いるチームが守るべき法的「交渉指令」を最終決定する。

◎離脱交渉

バルニエ氏率いるEUチームは、英国のデービス離脱担当相率いる交渉団と早ければ5月末までに協議に入る。協議はまず、協議内容の特定と議題の分け方から始まる見通し。

◎離脱合意

17年12月 EUは年末までの基本合意を望んでいる。つまり、英国がEU離脱までに支払うべき債務、EU域内に住む英国人とブレグジット後も英国に住み続けるEU市民の待遇、係争中のEU関連訴訟への対応、EUと英国の新たな国境に関するルールについての合意を意味する。

◎離脱後の関係

18年 メイ首相は包括的自由貿易協定の締結を求めている。2年内の締結を予想する向きはほとんどなく、EUは離脱協定を結んでから自由貿易交渉を始めることを望んでいる。ただ、離脱交渉と並行して貿易交渉を推進するEU加盟国も出てくるかもしれない。

18年10月 バルニエ首席交渉官が目標とする離脱協定締結の期限。離脱手続きは19年3月までに終えることになっているが、加盟国や欧州議会の承認手続きに半年程度の時間が必要だとしている。

18年秋─19年春 スコットランド行政府は離脱合意の詳細が明確になった時点で、英国からの独立の是非を問う住民投票を実施するよう求めている。ただ、メイ首相はこれまでのところ、EU離脱前の新たな住民投票は拒否している。

◎EU離脱へ

19年3月30日か 英国がEUを離脱する。詳しい日程は未定だが、正式通知の2年後に離脱することになる。この日は土曜日で、4月1日のエープリルフールは避けられる。日程は再調整されるかもしれない。合意が成立すれば英国が予定より早く離脱する可能性があるほか、すべての国・当事者が合意すれば、2年間の期限を延長することもあり得る。ただ、EUは19年5月に予定されるEU議会選の前の離脱を望んでいる。

◎経過期間

メイ首相とEU首脳らは将来の貿易協定での合意に時間をかけ、企業や市民がEU離脱に適応するための経過措置が必要になる可能性を示している。経過期間は2─5年になるとの見方が大勢。スコットランドが住民投票で独立を決定すれば、英国からの独立とEUへ再加盟にさらに数年を要する見通し。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  7. 7

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    小学館『Domani』サイト掲載記事への抗議 意識高い系をめぐって

    常見陽平

    09月15日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。