記事

<『文藝芸人』を読む>岡村隆史が目指したのは西川きよしだった?

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

***

よしもと芸人が本気で勝負した「スペシャルな文藝春秋」と題した『文藝芸人』を読む。笑い飯・哲夫ほか多くの芸人が短編小説を書いているがあまり興味は無い。

筆者の目当ては「岡村隆史 恩師だけに明かした『心の病』と『お笑いの厳しい現実』である。大阪NSC(吉本の養成所)の講師・本多正識氏との対談である。

ナインティナインの岡村隆史は現在46歳である。筆者は『ジャングルTVタモリの法則』(TBS・1994〜2002)という番組で、上京したての岡村隆史に会った。この番組で岡村はタモリと一緒に料理をつくったが、その中でも切れのいい動きをするので筆者はたちまち岡村のファンになった。ただし、この時の岡村は料理をつくっている自分は本当にやりたいことをやっているのではないという風情であった。

今回の『文藝芸人』の対談で筆者には意外なことがふたつあった。

ひとつは、岡村がとんねるずを目指して芸人になったと語っていることだ。意外だが、この告白は筆者を非常に納得させるものでもあった。そもそもナインティナインは漫才で頭角を現したわけではない。とんねるずも、コントはやっていたが,それはあまりおもしろくなく、むしろ型破りの司会をすることで名を売ったのである。

【参考】<お笑いの変質>ダウンタウン以降の漫才はどこが変わったのか?

岡村は芸人と言うよりテレビ有名人を目指していたのだ。岡村の芸人としてのすばらしさは『動き』にあると筆者は思っているが、とんねるずに動きのおもしろさはない。ただ、司会志向と言うことでは同じなのである。

もうひとつ、もはや、漫才はやらないと思われている岡村だが、本多氏に台本を依頼している。理想は中川家やいとしこいしの漫才だという。「スッと舞台に立って自然にしゃべり出してそれが漫才になっている」これは大阪の正統マンザイということだ。

正統派漫才が出来て司会をするテレビ有名人、それが理想だとすれば、岡村の目指す人は西川きよしだということだ。

このふたつの事実を知って思ったのは、どうやら筆者は、岡村隆史という芸人を誤解していたようだということである。他人の期待と本人の希望は違って当たり前か。

あわせて読みたい

「岡村隆史」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  4. 4

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  5. 5

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  6. 6

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  7. 7

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。