記事

深刻な人権侵害 相談しやすい体制づくりさらに

人権侵害の中で法廷に持ち込まれる事件は一部に過ぎない。

子どもや障がい者など弱者への暴言や暴行、他人のプライバシーの暴露や、上司が部下に嫌がらせをするパワーハラスメントなどの人権侵害は身近に発生している。

国はこうした問題も「人権侵犯事件」として厳格に対応する体制をつくっている。しかし、日常生活の場で発生する人権侵害の状況は依然として深刻である。

法務省の発表によると、「人権侵犯事件」として全国の法務局が昨年中に救済手続きを始めた1万9443件のうち、「障がい者に対する差別待遇」が286件、「インターネット上の人権侵害情報」が1909件で共に過去最高を記録した。また、「学校におけるいじめ」が6年連続で3000件を超え、「労働権に関する事件」も3年連続で2000件を超え高水準で推移している。

弱者を見下すような、また、匿名で発信できるネットを悪用した他人への誹謗中傷が増加していることは憂慮に堪えない。

互いの人権を尊重することは社会生活の最も基本的なルールである。取り返しのつかない結果になる前に人権侵害にき然と対処することが必要不可欠だ。

全国の法務局が開設している人権相談所や、法務省ホームページ上のインターネット相談窓口、電話相談などは人権侵害を迅速に探知するための最前線である。弁護士との連携や相談窓口の増設など検討すべきである。

人権侵害との戦いは相談から始まる。「人権侵犯事件」の事実が認められると、被害者への援助、加害者への説示、さらには文書による勧告、最後は刑事告発に至る7種類の救済措置が講じられる。

難しい問題もある。被害者は、いじめなどの事実を相談できない場合が多い。周囲の人が日常の振る舞いの異変からその苦しみを察知し、寄り添うことが大切だ。そのためには、一人一人が人権尊重の精神を涵養し、人権尊重の社会を築く必要がある。

政府は「人権侵犯事件」と戦うために、相談体制の強化と、人権教育の推進にも努めてほしい。

あわせて読みたい

「人権」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  5. 5

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  6. 6

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  7. 7

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  8. 8

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  9. 9

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  10. 10

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。