記事

冨田真由さんに対する殺人未遂に懲役14年半の判決のもつ意味

 冨田真由さんに対する殺人未遂に対し、東京地裁立川支部は、2017年2月28日、懲役14年6月の判決を下しました(求刑懲役17年)。

 殺人未遂事件としては、非常に重い判決です。裁判員裁判であるが故の影響かもしれません。
 検察庁は、控訴しませんでした。通常の量刑よりも重いという判断があるからです。

 この事件で14年6月の判決が重いというのは、同じ時期に審理が行われている次の事件が参考になります。

船橋の女性殺害 懲役15年を求刑 地検」(千葉日報2017年3月17日)
「船橋市内のホテルで昨年7月、同市の宇津木千華さん=当時(28)=の遺体が見つかった事件で、殺人罪に問われた茨城県筑西市、無職、長沢義勝被告(36)の裁判員裁判の論告求刑公判が15日、千葉地裁(金子武志裁判長)で開かれた。検察側は「動機は自分本位で身勝手」として懲役15年を求刑。」
「論告で検察側は「別れ話を切り出され、独占欲から殺害した。抵抗する被害者を押さえつけて首を絞めており、犯行態様は悪質」と指摘。また「被害者は大切な一人娘を残して逝かなければならず、家族との明るい未来が奪われた。慰謝の措置も一切とられていない」と述べた。」
 同じように異様な執着により相手の女性の命を奪った事件ですが、殺人既遂でありながら、求刑は懲役15年であり、冨田さんの事件の求刑17年よりも短い求刑となっています。実際の判決は近々、出されるでしょうが、この事件に限って求刑を低くする事情はないと思われますので、いかに冨田さんの事件への求刑が重いものであるかがわかると思います。

 しかし、冨田さんへの判決が軽すぎると思った人は少なくないのではないでしょうか。
 この冨田さんの意見陳述はこちらです。
冨田さん「厳しい判決を出して」/陳述書全文」(日刊スポーツ2017年2月23日)

 この中のこの部分が一番、大きな比重があります。
もうこの世の中に出てきて欲しくない。今すぐに消えて欲しいです。それが叶わないならば、一生刑務所にいて欲しい。そうでないと、安心して生活できません。
 14年6月後には、また出てきて、殺されるのではないかという不安です。
 私もそうだと思います。このような案件での恐ろしさは、さらなる報復です。14年6月までの間は安心ではなく、その後のことを考えたら今から不安ということです。
 冨田さんの事件での判決が軽いと感じるのは、この点があるからです。

 ただ、これを量刑で対応できる問題なのかといえば、それは困難です。この要請に応えるためには、少なくとも全ての事案で(未遂であっても)無期懲役とすべきことになってしまうのですが、それではあまりに刑の均衡を失するからです。

 ストーカー事件にも共通するのですが、こういった人たちに脅えながら生きていかなければならないのはあまりに不合理です。

 先般、DV元夫に市役所の職員が元妻の住所を教えてしまうという事件がありました。
DV被害訴えた女性の住所 市が元夫に伝える」(NHK2017年3月16日)
「千葉県八街市が、DV=ドメスティック・バイオレンスの被害を元の夫から受けたと訴えた女性の住所を誤って元夫に伝え、女性が安全の確保のため転居していたことがわかりました。」
「しかし、去年8月、元夫が税金を納めるために市役所を訪れた際に、元妻の税金も納めるので通知書の送り先の住所を知りたいと申し出たことから、納税課の職員が誤って女性の住所を口頭で伝えたということです。」
 市職員のミスは問題外ですが、しかし、問題なのは、元夫が今も住所を聞き出そうとしていることです。明らかに異常です。
 元妻は、何故、このような元夫の存在に脅えながら生きていかなければならないのかという非常に不条理な状況に置かれています。

 基本的な対処方法としては、①接触を今後、一切、禁止すること、それを担保する方法として、②居場所を調査しようとすること自体、犯罪行為として立件することになります。
 その処罰の対象とする調査には、役所に聞きだそうとする行為や興信所に依頼すること、さらに元配偶者の親や親しかった人たちに聞きだそうとすることなどが考えられ、それらを犯罪類型化することではないかと思います。
 内心での処罰はもちろんできません。共謀罪のような犯罪類型を設けることは憲法違反であり、許されないからです。なので、調査するなどの着手行為は必要になりますが、現在では、それすらも野放しです。

 またこのようなストーカーは治療の対象でもあるかもしれません。
女性タレント冨田真由さんに対する殺害行為 現代社会が病んでいる

 いずれにしても被害者側が、加害者に脅えながら生きていかなければならない状況はあまりに不合理です。早急な対処が必要です。

あわせて読みたい

「犯罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  3. 3

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  4. 4

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  5. 5

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  6. 6

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  7. 7

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。