記事

米FOMC声明、さほどタカ派的でなかった=ガンドラック氏

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米資産運用会社ダブルライン・キャピタルを率いる著名投資家ジェフリー・ガンドラック氏は15日、この日発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)声明について、さほどタカ派的ではなかったとの認識を示した。

FRBはこの日、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を25ベーシスポイント(bp)引き上げ0.75─1%とすることを決めた。

ただ、将来の利上げペースが加速するとの見方は示唆しなかった。ガンドラック氏は、ロイターに対し、FOMC声明は「さほどタカ派的ではなかった」との見方を示した。

FRBの決定を受けて米10年債利回りが低下したことについては、ショートスクイーズが起きていると述べた。

ガンドラック氏はFOMC声明発表前にCNBCで、FRB当局者の発言が持つ影響力が増しているとの認識を示した。

「市場はFRBの言葉を信用する従来の姿に戻りつつある」と指摘し、「そうした中で真に重要なのは、誰もが想定している利上げではなく、FRBの発言がどうなるかだ」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  6. 6

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

  9. 9

    鈴木大地氏止めた森元首相は正解

    早川忠孝

  10. 10

    JTBがGoToトラベルの情報を独占

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。