記事

デフレと金融緩和 ~「フロントランナー」から「周回遅れランナー」になった日本

「1990年代半ばから、日本は30年もの間、デフレと異例の金融緩和が共鳴する世界の先頭を走ってきた。風向きが変わるとき、もっともきつい逆風を最初に受けるのも、先頭ランナーの宿命なのだろう」(11日付日経電子版 「消えた『マイナス金利』、脱デフレの先に待つ憂鬱

よくもまあここまで都合よく脚色できるものだ。

日本が「デフレと異例の金融緩和」で世界の先頭を走ってきたのは、世界で最も景気が弱かったからだ。

そして「もっともきつい逆風を受ける」ことになるのは、30年経った今でもデフレから脱却出来ていないなかで金利上昇圧力を受けるからだ。

2月のEUの消費者物価が前年同月比2.0%上昇し、2013年初め以来、4年ぶりの高水準を記録。2%をやや下回る水準というECBの中期目標も上回割ってきたことで、ECBが債券購入プログラム終了前の利上げがあり得るかの検討したことが報じられている。

これに対して、日本のCPIは13か月ぶりにプラスになったところ。そして日銀はまだ追加緩和が可能だと寝言を言い続けている。

現状の日本は「デフレと異例の金融緩和が共鳴する世界の先頭ランナー」ではなく「周回遅れの落ちこぼれランナー」だという現実を直視しなければならない。

日銀や専門家が考えるべきは、追加緩和やマイナス金利政策の深掘りが可能かといった不毛な議論ではなく、なぜ「フロントランナー」であったはずの日本が「周回遅れの落ちこぼれランナー」になり下がったのかということだ。

そうすれば自ずと追加緩和やマイナス金利政策の深掘りが必要かどうかの結論は出てくるはずだ。

あわせて読みたい

「金融緩和」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  4. 4

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  5. 5

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  6. 6

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  10. 10

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。