記事

アマゾンのプライムとクロネコ

クロネコが送料の値上げを検討している。最大顧客のアマゾンにも値上げを交渉しているとのこと。クロネコが宅配便の5割程のシェアを持ち、それを追う飛脚がアマゾンとの契約を嫌っていることから、値上げの実現が予想される。

もちろん、アマゾンとしては郵便を使う手もあるだろうが、今の郵便のサービスではアマゾンのプライムが今まで通り運営できるとは到底思えない。

そこで誰しも考えるのが、アマゾンの無料配送サービスがどうなるのか、プライムの会費が上がるのではということだ。同じ考えに基づいて記事がアップされている。今日見つけたのが「ヤマト運輸とともにAmazonプライムも値上がりする?」というもの。
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1703/12/news015.html

その記事によると、本国のアメリカではプライムの年会費は79ドルとのことである。とすれば日本の3900円は安い。とはいえ、アメリカの国土の広さを考えれば当然の差かもしれないが。

僕もどういうわけかプライム会員である。なったつもりがないのに、いつの間にかなっていた。どこかで間違ってクリックしたのだろう。早く届けてほしいものも時にはあるし、最近ではビデオも時々見るしで、「まあいいか」と、間違って会員になっているのに気づいた後も退会しないでいる。

正直なところ、無料で見られるビデオには大したものがない(見尽くしてしまった)。荷物が早く届くといっても、注文のタイミングによっては普通と変わらないことも多い。

クロネコのためにはプライムを廃止したほうがいいのか。先に紹介した記事には「クロネコのためにお急ぎ便をなるべく使わない」と書いてあった。が、クロネコとして、アマゾンから荷物を集めるのがネックだとは考えられない。現在のネックはあくまでも配達であり、留守宅と再配達だろう。そのうち、荷物量がもっと増えれば、今の宅配便自身が成立しなくなり、原則として宅配なしになるかもしれないが。

僕として、プライムの年会費が上がれば、その率によっては退会するかもしれない。もしくは、コンビニ置きと宅配とに価格の差が生じれば、コンビニに取りに行くことを選択するかも。いずれにしても、どのように決着するのか、注目である。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  3. 3

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  4. 4

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  6. 6

    現金一律給付案に「貸付」を提案

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    コロナ対策 国会は現場止めるな

    千正康裕

  8. 8

    岩田医師 東京都は血清検査せよ

    岩田健太郎

  9. 9

    韓国がコロナ詳報を公開する背景

    WEDGE Infinity

  10. 10

    ロックダウン=都市封鎖は誤訳?

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。