記事

南スーダンPKO撤収に考える

日本政府は、今年5月末をもって南スーダンでのPKO(国連平和維持活動)から撤収することを決めた。このPKOは2012年1月以来、実施していた。

南スーダンなんて行ったことがないものの、報道では危なそうである。内戦状態が続き、首都ジュバでさえ(むしろ首都だからかもしれないが)、銃撃戦が起きているらしい。そんな中、自衛隊の任務が昨年11月に重くなった。「駆けつけ警護」が新たな任務となったためである。いつ戦闘に巻き込まれるかわからない。

僕が旅行したコンゴ民主共和国も国連軍が駐在している。そのおかげで内乱がほぼ制圧された状態にある。とはいえ、武装勢力が時々出没する地域もあるらしい。東部のゴマ市内を車で移動していると、国連軍の車をたくさん見かける。大きなキャンプがある。首都のキンシャサでも、やはり国連軍の車が走っている。

国連軍の車は目立つ。黒人が乗っていたのなら日本人には現地人なのかどうか瞬時に判断できないが(現地人なら可能だろう)、東洋人であればすぐに区別できてしまう。この事実は、PKOで自衛隊が派遣されたのなら、攻撃の格好の的になることを意味する。そうだとすれば、南スーダンで活動するのは精神的に大変だと思ってしまう。

2015年7月、安倍政権は「安全保障関連法」を制定し、自衛隊が海外で行える活動を拡張した。海外での戦闘行為は憲法9条があるためできないものの、それに一歩接近したことになる。

今回の撤収は、昨年7月に書かれた自衛隊の「日報」に「戦闘」という文字があったことと無関係ではないだろう。PKOが戦闘行為に急接近していたと思えてならない。この点に関して、次のサイト(講談社が運営しているとのこと)が興味深い。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51186

いずれにしても、ごまかしでは自衛隊の海外派遣はできない。コンゴ民主共和国において国連軍に間接的にお世話になった者として、日本としてもPKOは必要だと思う。しかし、どのような方法がいいのか、もっと真剣に考えないといけない。防衛省のトップ自身も、電撃でいいから現地を訪れ、実態をつぶさに見るべきである。このくらい重みのある仕事がPKOである。

あわせて読みたい

「自衛隊のPKO派遣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  8. 8

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  9. 9

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  10. 10

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。