記事

南スーダンPKO撤収に考える

日本政府は、今年5月末をもって南スーダンでのPKO(国連平和維持活動)から撤収することを決めた。このPKOは2012年1月以来、実施していた。

南スーダンなんて行ったことがないものの、報道では危なそうである。内戦状態が続き、首都ジュバでさえ(むしろ首都だからかもしれないが)、銃撃戦が起きているらしい。そんな中、自衛隊の任務が昨年11月に重くなった。「駆けつけ警護」が新たな任務となったためである。いつ戦闘に巻き込まれるかわからない。

僕が旅行したコンゴ民主共和国も国連軍が駐在している。そのおかげで内乱がほぼ制圧された状態にある。とはいえ、武装勢力が時々出没する地域もあるらしい。東部のゴマ市内を車で移動していると、国連軍の車をたくさん見かける。大きなキャンプがある。首都のキンシャサでも、やはり国連軍の車が走っている。

国連軍の車は目立つ。黒人が乗っていたのなら日本人には現地人なのかどうか瞬時に判断できないが(現地人なら可能だろう)、東洋人であればすぐに区別できてしまう。この事実は、PKOで自衛隊が派遣されたのなら、攻撃の格好の的になることを意味する。そうだとすれば、南スーダンで活動するのは精神的に大変だと思ってしまう。

2015年7月、安倍政権は「安全保障関連法」を制定し、自衛隊が海外で行える活動を拡張した。海外での戦闘行為は憲法9条があるためできないものの、それに一歩接近したことになる。

今回の撤収は、昨年7月に書かれた自衛隊の「日報」に「戦闘」という文字があったことと無関係ではないだろう。PKOが戦闘行為に急接近していたと思えてならない。この点に関して、次のサイト(講談社が運営しているとのこと)が興味深い。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51186

いずれにしても、ごまかしでは自衛隊の海外派遣はできない。コンゴ民主共和国において国連軍に間接的にお世話になった者として、日本としてもPKOは必要だと思う。しかし、どのような方法がいいのか、もっと真剣に考えないといけない。防衛省のトップ自身も、電撃でいいから現地を訪れ、実態をつぶさに見るべきである。このくらい重みのある仕事がPKOである。

あわせて読みたい

「自衛隊のPKO派遣」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。