記事

南スーダン、自衛隊撤収へ

政府は、昨日10日、総理官邸で、国家安全保障会議(NSC)を開き、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊の施設部隊を5月末に撤収させる方針を決めました。

安全保障関連法に基づいて、初めて「駆けつけ警護」の任務が付与されている部隊約350人が撤収することになります。安倍総理は、「一定の区切りをつけることができると判断した。」として、派遣開始から5年が経ち、施設整備の一区切りを強調していますが、現地の治安情勢が悪化している中で、隊員に死傷者が出ることを懸念したから、とみられています。

国会では、野党が現地の危険性をたびたび指摘してきました。防衛省が、廃棄したとしていた派遣部隊の日報が「戦闘」と報告しているのに、稲田防衛大臣が「法的な意味での戦闘行為はなかった」と繰り返し、「国会答弁する場合には、憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではない」とも述べ、野党は、資質に欠けるとして、辞任を求めました。菅官房長官も、現地の治安が撤収の理由ではない、としていますが、政府内では、現地の情勢は、「ひどい緊張状態が続いている」という懸念が出ていた、と報じられています。

どうみても、PKO派遣5原則に抵触する現状で、自衛隊を撤収することは、当然のことだと思います。そういう状態なのに、安保関連法による初めての新しい任務のために、無理して派遣している、とみられていました。撤収まで、何事もないようにと願っています。撤収で、この問題は一件落着とはいかないので、国会で引き続き、安保関連法との関係も含めて、しっかり審議をしてほしいと思います。

あわせて読みたい

「自衛隊のPKO派遣」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。