記事

震災からの復興の在るべき姿とは?ーゼロベースで考えるの愚

 明日、平成29年3月11日で、東日本大震災発災から6年を迎える。復興事業は官民挙げて着々と進められてきているようであるが、まだまだ道半ばと言った方がいいような状況である。これについては、当時の民主党政権の初動の遅れに起因するところが大きいように思われる。目立つことを優先した民主党に、被災地は振り回されたと言ってもいいかもしれない。震災による被害と福島原発事故のダブルパンチだったからと言えばそのとおりではあるが、政府にはどんな危難であろうとも、国民の身体、生命、そして財産を守る義務があり、そのために適切に対処しなければならないはずであるが、腰の座っていない民主党菅政権にはそれは無理だった、荷が重すぎたということであろう。

 当時の民主党政権の迷走ぶりについて苦言を呈せば枚挙に暇がないが、これ以上は触れない。(言っても仕方がないので。)

 さて、復興と言えば、発災後、様々な話が持ち上がり、様々な企業が「支援」や「提案」と称して被災地に足を運んだ。無論、中には実際に被災地の復興と提案企業の長期的な利益の両方につながるものもあったわけだが、バイオマス等の新エネルギーで復興といった、およそ震災からの復興とは縁遠い、理解しがたい「提案」が多く見られた。そこに多額の税金が注ぎ込まれたような事例もあったやに聞いている。(例えばエネルギーの地産地消のシステムを新たに導入するということを、復興におけるインフラの一つとして組み込むというのであれば、まだ理解できるのであるが。そして勿論、企業トップの鶴の一声で、馬鹿正直に身銭を切って被災地の復興事業に奔走したという事例もある。筆者はそちらの方に関わっていた。)

 そうした、端的に言って頓珍漢な「提案」に共通していると考えられるのは、被災した地公体をゼロベースで捉えるという発想。まるで真っ白なキャンバスにこれから絵を描くように震災復興を考えるというもので、いつの間にかそうした発想が当然のことのようになっていった。

 しかし、たとい津波で建物が流されようと、強い揺れで建物が倒壊しようと、それでその地域がなくなるわけでもなければ、ただの空き地になるわけでもない。数百年、場合によっては千年の時を超えて、共同体として脈々と続き発展してきたのであって、それを踏まえ、その延長線上で震災復興は考えられなければならないはずなのである。

 産業の在り方についてもまたしかりで、その土地に立地しているのには、それ相応の経緯と理由があるのであって、震災復興を考えるのであれば、そうした被災地に立地している産業を、歴史的経緯や地域特性を踏まえてどう復興させるのかを考える必要があったのだが、なぜか被災地での新産業の創出という方向に、国も地公体も、そして外から来る民間企業・団体も、頭がいってしまっていたように思う。(某省を中心に旗を振っている、起業を増やさなければいけないという強迫観念とおそらく同根であろう。)

 新しいことやるのは罷りならんというわけではないが、それは地域に元々あった産業の復興の上での話。例えば、水産業や水産加工業が復興の軌道に乗った上で、関連産業の裾野(捨てられていた部位を商品化する等)を広げていこうといった順序の話。被災地と縁もゆかりもない小規模の事業がいくつか創出され、それに少しばかりの外からきた若者が関わっているとか、海外との取引が始まったとか、そんなものは地域の復興には焼け石に水程度の話である。メディアはそうしたものに飛びつく傾向があるようで、いまだに騒いでいて、被災地から遠く離れたところにいると、それが復興の大きな柱のように考えてしまいがちのようであるが。

 こうした誤った認識に基づいた兵力というか資源の分散も、震災復興を遅らせてしまっている大きな要因であるように思われる。

 震災から6年を節目に、そうした事例を先駆的なものなのではなく、今後の「反面教師」として位置づけるよう、そろそろ頭を切り替えたいものである。

あわせて読みたい

「震災復興」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  4. 4

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  5. 5

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  7. 7

    野党は桜を見る会叩く暇あるのか

    自由人

  8. 8

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  9. 9

    桜を見る会 中止のホンネ暴露か

    女性自身

  10. 10

    八千草さん 夫を駅で迎える素顔

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。