記事

来年普天間配備予定の未亡人製造機オスプレイの事故隠し発覚 辺野古への基地移設アセスメントは不可能だ

1/2
リンク先を見る

県と27市町村でつくる県軍用地転用促進・基地問題協議会(軍転協)会長として、仲井真弘多沖縄県知事は10月27日、野田佳彦首相と官邸で会談し、米軍普天間飛行場を名護市辺野古へ移設する日米合意について「実現は事実上不可能だ」と県外移設を求めました。

野田首相は、環境影響評価(アセスメント)の評価書を年内に県へ提出する準備を進めていると伝えました。

仲井真知事は会談後、記者団に「辺野古は時間がかかり、どうにもならない。普天間も住民が危険で、(固定化は)選択肢にならない。国内で別な選択肢を探すべきだ」と強調しました。

稲嶺進名護市長は「評価書提出が強引に進められるのではと危惧している」とし、日米合意は「今の沖縄で理解は得られず現実的ではない」と見直しを要望しています。

仲井間知事は本日午後再度野田首相と会談します。沖縄も必死なんです。

リンク先を見る

9月下旬の野田首相の訪米の際、選挙を控えるオバマ大統領が野田首相に普天間基地問題をせっつきました。

首相は「日米合意にのっとり、沖縄の負担軽減を図りながら、沖縄の理解を得られるよう全力を尽くしていく」と強調しましたが、オバマ大統領は

「結果を見いだすべき時期に近づいている。これからの進展に期待している」

と踏み込んだのです。

野田・オバマ日米首脳会談はわずか35分の儀式 普天間基地移設問題に中途半端な「結果」は必要ない

リンク先を見る

これで焦った野田政権の普天間基地の辺野古への移設を強引にすすめるやり方が目立っています。

10月に沖縄に関連する3閣僚が、沖縄を訪れました。10月11・12日に川端達夫沖縄担当相、同16・17日に一川保夫防衛相、同18〜20日に玄葉光一郎外相が沖縄を訪問しました。

そこでは沖縄の同意は全く得られなかったのに、一川保夫防衛相は10月25日、パネッタ米国防長官と防衛省で会談し、普天間基地移転アセスメントの評価書を年内に沖縄県に提出する方針を伝えました。共同記者会見で長官は「真の進捗(しんちょく)を日本の行動を通してはっきり見ることができる」と評価しました。

日本の政治は日本国民のためにあるのであって、アメリカに誉められるためにやっているのではないはずです。

野田民主党政権が、自民党政権時代と同じく、沖縄県民ひいては日本国民ではなく、アメリカの顔色ばかりうかがっていることは明らかです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  9. 9

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。