記事

花粉症で町おこし!? 田舎体験やリゾート「避粉地ツアー」がブーム

藤村はるな=文

小さな離島が避粉ツアーで町おこし

「たった1日でもいいから、なんとかこの地獄から逃れたい!」

一歩外に出ただけで、鼻水や涙が止まらない……そんな恐怖の花粉症シーズンを迎えて、上述したような想いに駆られている人も少なくないだろう。だが、そんな「花粉から逃れられる場所」が実際にあるとしたら?

近年、花粉症に悩む人々をターゲットにした「避粉地」旅行プランが、全国各地で実施されるようになってきている。たとえば、長崎県平戸市にある離島・的山大島(あづちおおしま)では、2007年から「スギ花粉避粉地体験ツアー」が開催されている。

2017年の実施期間は3月10日~3月12日までの2泊3日(すでに応募締め切り済み)。今年は定員20人での募集だったが、毎年、定員をはるかに上回る応募が殺到しているとか。ツアーの内容としては、同島の名物である棚田や風力発電所、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている神浦地区の町並み見学といった島内観光や、花粉症講座などを予定。費用は現地集合・現地解散でおよそ2万円前後だ。

画像を見る
長崎県平戸市にある離島・的山大島と神浦地区の町並み。

年間3日だけしか催行されないツアーではあるが、なぜこうしたツアーを開催するに至ったのか。主催するNPO法人文化財匠塾平戸支部の米村伍則氏に聞いてみた。

「もともと的山大島は、島内にスギ林が少なく、まわりが海であることから、他所からのスギ花粉飛来の影響がほとんどない土地なんです。そのため『大島に泊まったら花粉症の薬を飲まなくても大丈夫だった』『大島に泊まるたびに鼻の調子がよくなる』などと島外の方から言われることが多かったんですよ。そこでひらめいたのが、このツアーでした」(米村氏)

観光客を中心とした島外からの来訪者から寄せられる「大島滞在中には花粉症の症状が緩和される」との声を参考に、実際どの程度の花粉が飛んでいるのか、専門機関の協力を得ながら調査・分析を実施。その結果、福岡県や長崎県北部と比べて、的山大島の花粉量は10分の1程度であることが判明した。

「平成21年度に、長崎大学病院が実施した全住民を対象とした調査によると、花粉症有病率は全国で26.5%といわれるなか、的山大島においては2.65%という結果が出ています。これは、スギがないエリアで知られる沖縄の6%よりも少ない数字なんです」(米村氏)

もともとは町おこし的な観点と、「的山大島を知ってもらいたい」という思いからはじめたという同ツアーだが、開催は今年で9回目。なかにはツアーを通じて「この島で暮らしたい」と移住してくる人も現れたという。

「人口1438人の小さな島ですが、過疎化や少子高齢化といったことばかり考えるより、地域の新たな可能性と付加価値を見出して、頑張りたいです。現在は、宿舎のバリアフリー化が不十分であったり、島内交通が不便だったりなどの課題もありますが、家庭的な宿や地元料理のもてなしでカバーしていければ……と思っています。また、ツアーに関係なく、個人で島にいらっしゃる方のご案内なども行っていますので、ぜひお越しください」(米村氏)

リゾート地で優雅に避紛ライフを過ごせるプランも

的山大島のように、町おこしの観点から「避粉」を目玉にするツアーがある一方、完全なリゾート地で避粉地ツアーを行う企業もある。

株式会社ユニマットプレシャスが運営する沖縄県・宮古島にあるシギラリゾートの「シギラベイサイドスイート アラマンダ」では、「花粉症対策特典付き連泊プラン」を提供している。対象となるのは、2月1日から5月31日までの間に、同ホテル内のジャグジーが付いた客室「ジャグジースイート」に3泊以上のロングステイをした宿泊客。特典の内容としては、同地の温泉利用券、宮古島の健康茶プレゼント、双眼鏡の無料貸し出し、客室の空気清浄器などだ。

画像を見る
沖縄県・宮古島にあるシギラリゾート。

「宮古島にはスギが生息する環境がないため、スギ花粉の飛散がありません。また花粉症の時期にあたる春先の宮古島は平均気温が20度を超えるため、温暖で、かつ暑過ぎず、加えて台風の心配もない、とても過ごしやすい季節です。そこで、花粉症でお悩みの方が心身ともにゆっくりと安らげる場所として、宮古島での滞在をおすすめしたいと考えました」(同社広報担当)

なお、この花粉症逃避プランは2015年からスタート。今年で3年目を迎えるが、花粉症対策特典は参加者から非常に好評とのこと。宿泊料金は2名利用の場合、1泊1人2万6500円(朝食付き)からだという。

「過去2年間は、同リゾート内のカジュアルホテルやコンドミニアムタイプのホテルで実施していたのですが、今年からは全室スイートの『シギラベイサイドスイート アラマンダ』を対象にしています。花粉症にお悩みの方は、一般の方よりも心身ともに疲れていらっしゃる方が多いはず。普段、屋外にいるのがつらい方も、花粉のない宮古島であれば、露天風呂や客室テラスの屋外ジャグジーで贅沢な時間を満喫していただけるのではないかと思った次第です」(広報担当)

ちなみに、特典プランのなかでもとくに評判がよいのが、宮古島のお茶・ビデンスピローサ茶だそう。

「このお茶は花粉症によいとされており、実際に特典を利用されたお客様から『おみやげに購入したい』という問い合わせもよくいただいております。花粉症人口も年々増加傾向にあるといわれていますし、花粉でお悩みの方に、春先の宮古島での快適ステイをぜひ知っていただきたいので、来年以降も続けていきたいですね」(広報担当)

昨今は花粉症人口の増加を受けてか、ほかにもこうした「避粉地ツアー」を実施する企業が増えてきている。たとえば、阪急交通社では、北海道・釧路プリンスホテルで花粉ゼロの冬季滞在ツアーを予定。すでに今年1月の時点で、120人以上の申し込みを集めたという。

また、企業だけでなく自治体が取り組む事例もあり、東京・小笠原諸島では、スギやヒノキなどの木々が存在せず、本土から花粉も飛んでこないため、「花粉が少ない土地」としてのPRを進めている。

すでに申し込みが締め切られたものもあるが、「日常の外出ですらツラいのに、レジャー参加などまず無理」と諦めている花粉症患者にとっては、こうした各種ツアーが増加しているのは朗報と言えるのではないだろうか。

あわせて読みたい

「花粉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  3. 3

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  4. 4

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  5. 5

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  6. 6

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  7. 7

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  8. 8

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  9. 9

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

  10. 10

    池袋暴走死傷事故・飯塚被告の“記憶違い”の写真  

    NEWSポストセブン

    06月24日 17:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。