記事
  • ヒロ
  • 2017年03月08日 10:00

コンパクトシティは日本で成功するか?

コンパクトシティをネットの辞書で調べると「生活に必要な諸機能が近接した効率的で持続可能な都市、もしくはそれを目指した都市政策」とでます。私もこのブログで時折、少子高齢化が進む日本においてコンパクトシティへ踏み出さねばならないと指摘してきました。

4日の日経のトップ記事は「300自治体 まち集約  人口減、商業地・宅地を中心部に」とあります。コンパクトシティのコンセプトは90年代からあったとされますが、その取り組みが空回りしていたこと(役所だけがやろうと躍起になっていたと思います。)で成功したケースはほぼないと思います。

むしろ、市町村によっては市街化調整区域を調整から外して市街化を進め、道路を作り「薄く広い」人口集積度が低い街づくりをしてしまったケースもあります。するとどうなるか、といえば住宅地域だけがだだっ広くなり、必要な店舗もロードサイド店として生み出されますが、人口密度が下がっているため、潜在顧客が少なく、新規の店舗の収益性が十分でないばかりかもともとあった商業地も客を奪われることでウィンウィンの逆である「ルーズルーズ」の状態が生み出されたところもあります。

なぜ、日本はコンパクトシティが成功しないのか、といえば日本人が農耕民族であり、先祖代々受け継がれた土地を手放すことができないことに根本思想にあります。

先日、NHKで福島の原発事故で移住を余儀なくされた人々が決して幸せなライフを送っていないという趣旨の番組を放映していました。もちろん、原発で差別的扱いを受けているという直接的問題もあるとは思いますが、私が注目しているのは先祖代々の土地を離れ、新天地に住むことに慣れるのが極めて困難である日本の特殊事情であります。たまたま福島の人たちが大挙して移住せざるを得なかったことである意味、ケーススタディとして考えているのです。

東京など都市部は人の出入りが多く、隣に誰が住もうが迷惑さえこうむらなければ関係ありません。ところが田舎はそういうわけにいかないのです。「新参者」という扱いを受ける中、その人がその村なり、地域に溶け込むためにその人が積極的に飛び込んでいき、かつ、その地域の人がその人を受け入れる「精神的相互関係の確立」が必要なのであります。

つまり、日本はおらが村、おらが町内会…と長年そこにいる人たちが一定の空気を支配し、その空気を乱すものは弾き飛ばされるため新参者はどんなことでもローカルルールとして受け入れなくてはいけないという閉鎖性に最大のハードルが存在するのです。

例えば人種のモザイクであるカナダであれば新参者に対して受け入れるキャパがあります。新しく住宅地に引っ越してくればその日のうちにお隣さんが挨拶に来るケースが多いでしょう。何故か、といえばお隣さんとしては自分のとなりに誰が移り住んできたか興味津々であり、どのように共生できるか、探るためであります。

ですが、日本の場合は逆さまで「今度引っ越してきました」と菓子折りを持って丁重に挨拶するのがしきたりです。(マンションではやりませんし最近の若い方はやらないでしょうが。)これは自分が新参者なのでよろしくと下手に出て近隣から自分を受け入れてもらうという儀式であります。

ではコンパクトシティは可能か、といえば、日本人がそこまで割り切れるのか、というハードルが最も高いのだろうと思います。行政は数理的にそのメリットを訴え、それを強行しようとしますが、この日本人が本来持つメンタルの部分をどう解決させるのか、ここが完全に抜け落ちていると思います。

コンパクトシティを成功裏に達成するには福島の移住した人たちに幸せを与えるプログラムと仕組みを生み出すことが先決です。このメンタルヒーリングと移住者を受け入れるローカルルールの組み換えに取り組むことが重要でしょう。

「あのよそ者が」という思想は田舎に行けば行くほどあります。よそ者は決して目立ってはならず、空気を乱してはいけないという特殊な習わしを壊すにはすべての住民を「ガラガラポン」にするぐらいの勢いでないと無理なのでしょう。極端な話、新しい開発地に半ば強制的に移住させ、すべての人が「新参者」にならない限りボズ猿が牛耳る日本の特殊性の罠からは抜けられません。

そういえばどっかのサル山にもボス猿がいましたが、新しいメス猿がボスを追い出してガラガラポンしようとしているのと同じでしょう。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「コンパクトシティ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

  10. 10

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。