記事

フェイスブック、イタリアで位置情報共有を停止 著作権訴訟受け

[ミラノ/フランクフルト 6日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>はイタリアでの位置情報共有機能「ニアバイ・プレーシズ」の提供を停止した。ミラノの裁判所が昨年8月、同社による競争法及び著作権法侵害を認めたことを受けたもの。

イタリアの新興ソフト開発業者ビジネス・コンピテンスは2013年、フェイスブックの位置情報共有機能の一部が自社のアプリ「Faround」に酷似しているとしてフェイスブックを提訴した。

原告は6日に判決文を公表。これによると、裁判所は昨年8月1日、フェイスブックに対し、イタリアでの位置情報共有サービスの停止、あるいは著作権侵害と不当競争の罰金として1日当たり5000ユーロの支払いを命じた。また、フェイスブックに今後、さらなる損害賠償を求める可能性があるとした。

これは予備判決で、4月4日に次の審理が予定されている。

フェイスブックの広報担当者は6日、ロイターの取材に電子メールで回答。「判決には同意できない。原告の主張にメリットはない」と主張した上で、控訴中は判決に従うとし、すでに位置情報共有サービスの提供を停止したと明らかにした。

ビジネス・コンピテンスは2012年9月に「Faround」を導入。イタリアの利用者の間で急速に広まったが、フェイスブックが同年12月に同様のサービスを開始した後、ダウンロード数は激減した。

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  2. 2

    緊急事態宣言 段階的解除で調整

    ロイター

  3. 3

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  4. 4

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  5. 5

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  6. 6

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  7. 7

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  8. 8

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  9. 9

    「意識高い系」が社会を変える鍵

    SYNODOS

  10. 10

    家事両立ムリ? テレワークの弊害

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。