記事

中国の対艦弾道ミサイル(ASBM)の現状

1/2
米中経済・安全保障検討委員会(U.S.-China Economic and Security Review Commission)から中国の対艦弾道ミサイル(ASBM)に関する報告書が発行されました。
Andrew S. Erickson, Chinese Anti-Ship Ballistic Missile Development and Counter-intervention Efforts, Testimony before Hearing on China’s Advanced Weapons Panel I: China’s Hypersonic and Maneuverable Re-Entry Vehicle Programs U.S.-China Economic and Security Review Commission, 23 February 2017.
米議会の諮問機関である同委員会の公聴会において、中国軍事専門家のアンドリュー・エリクソン米海軍大学校教授による意見がまとめられています。このヒアリングは当然ながら米海軍や米政府の公式見解を示しているものではありませんが、中国のASBMに関する現状を把握するのに適した資料です。

個人的に気になったところをメモ代わりに更新。いつもの如く、ざっくりです。

◇ ◇ ◇
  • 中国は終末誘導機動弾頭のASBMを2種類保有している。

  • これは”近海(黄海、東シナ海、南シナ海)”において懸念を引き起こし、同地域での領有権紛争において中国に大きな優位をもたらしている。

  • 中国は地域の安定や国際法、規範を無視し、精密誘導兵器システムによって米国の介入を危険に陥れ、米国のシー・コントロールに挑戦している。

  • これまで中国が開発し、少数の配備を進めていたのはASBM専用の準中距離弾道ミサイル「DF-21D」である。

  • もうひとつのASBMとして、中距離弾道ミサイル「DF-26」が開発された。

  • 中国の偵察/攻撃システム能力が限定的であることや、米国やその同盟国のカウンター能力向上によってASBM運用上の効果は不明ではあるものの、DF-21DとDF-26がASBM能力を持つべく開発されたことは明白である。

開発の背景と今日まで

  • 少なくとも1990年代中頃から、中国はASBMを研究している。

  • 弾道ミサイルや巡航ミサイルを陸・海・空の様々なプラットフォームから協同攻撃することで、敵国船艇に脅威を与えることを中国海軍は求めてきた。

  • 米国の介入に対抗する兵器開発の意図としては、近海へのアクセス・コントロールと平時における抑止(同海域での領有権主張のため)である。中国の戦略は、内線に沿って陸上戦力と海洋戦力のハイブリッドによって戦略的縦深性を確保し、戦略ロケット戦力で“海をコントロールするための陸の使用”というアプローチを実現する。

  • 2015年9月3日の軍事パレードでDF-21DとDF-26がそろい踏み。
  • 2015年12月31日より、ロケット軍(旧・第二砲兵)により運用中。

  • パレードにおいてDF-21Dは次のように公式紹介された;
    「移動式対艦弾道ミサイル、非対称海上戦における暗殺者の矛(assassin's mace)」。

  • 米国防総省2016報告書では、「ASBMは、準中距離弾道ミサイルCSS-5(DF-21)をベースに開発され、2010年に配備が始まった。CSS-5 Mod 5は射程1,500kmでMaRV(終末誘導機動弾頭)を搭載。MaRVは西太平洋にいる空母を含む船を攻撃できる」と言及した。

  • 2016年2月、『China Daily』が「DF-21Dが中国西部において10発の発射演習を行った」と報じたが、詳細は不明。

  • 米国防総省2010年報告書では、「DF-26の射程は3,000~4,000kmで、グアムとその周辺海域を攻撃しうる」と指摘。

  • 2015年パレードでは、DF-26を次のように公式紹介している;
    「中距離~長距離精密兵器で対地・対艦(中~大型目標)攻撃が可能。新たな戦略抑止兵器である。核兵器と通常兵器どちらも搭載可能で、通常弾頭によって対地だけでなく洋上の中~大型目標を攻撃できる」。
  • 2015年11月、『China Youth Daily』に「DF-26は移動発射において立地を選ばない。素早く移動し、発射場所の厳密な要求がない」と報じられた。これは権威ある人民解放軍軍事科学研究院の研究者2人による分析である。

  • この研究者たちによると、「水上艦のようなtime-sensitiveな標的に対し、DF-26は標的の情報を獲得すれば即攻撃可能で、敵は逃れられない」。

  • 近代的な統合作戦において勝利するためにはスピードを駆使することが必要であり、DF-26に関する情報は「速さ」を強調するものが多い; 核弾頭と通常弾頭の切り替えの速さ、移動の速さ、発射準備の速さ、転置・撤収の速さなど。

  • 「DF-26の射程はDF-21Dの2倍であり、第二列島線を超えて攻撃することもできる」との分析もある。

  • 現在までに中国が洋上の非協力的な標的に対するASBM実験を行ったという確認はされていない。

  • インターネット上では、遠望型4号を協力的な標的艦として破壊試験が行われたとの噂もあるが十分な証拠がない。

  • より有力な話として、ゴビ砂漠で空母の甲板を模したコンクリート施設を疑似標的として1回か複数回の発射試験をしたとの情報もある。この試験においては北斗衛星測位システムの援用も実施されたとのこと。

  • これらの情報から、ミサイルそのものが機能していることは明らかである(訳者注:ASBMとしてではなく、弾道ミサイルとして機能しているという意)。

  • パレードに展示したということは、中国がこれらのミサイルが最低限の作戦能力を持ち、抑止効果を発揮するとみなしているということである。
  • 一方で、ターゲッティングに必要な偵察/攻撃複合システムの能力のほどは不明なままだ。

  • ASBMに搭載されるセンサーは、おそらく中距離弾道ミサイルパーシングIIのセンサーに類似したものであろうことが考えられるが、海面と移動目標を識別するための技術的な進歩と修正が必要となる(訳者注:パーシングIIもMaRVですが、地上固定目標に対する機動弾頭でした)。

  • 中国の専門家たちはパーシングIIの終末誘導システムなどを徹底的に研究してきた。

  • 中国のASBMのセンサーやMaRVなどに関する詳細はオープンソースに現れてないが、技術書の中にはパーシングIIに直接言及したものも多い。

  • オープンソースに情報がないことは中国の技術的限界を示しているのではなく、機密情報を秘匿する努力であると言えよう。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  3. 3

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  4. 4

    「世襲議員」は是か非か、制限することは可能なのか。まずは政治資金団体を課税対象にするのが現実解?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月27日 10:14

  5. 5

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  6. 6

    ソフトバンクG株が連日の新安値、8カ月ぶりに7000円割れ

    ロイター

    07月27日 11:16

  7. 7

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  8. 8

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  9. 9

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  10. 10

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。