記事

【読書感想】清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実

1/2

清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実 (Sports Graphic Number Books)

清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実 (Sports Graphic Number Books)

Kindle版もあります。

清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実 (文春e-book)

清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実 (文春e-book)

内容紹介

PL学園時代の清原和博が甲子園で放った通算13本塁打は、今後破られることがない不滅の記録だろう。この13本は、ただの記録として残っているわけではない。甲子園の怪物に出会い、打たれた球児たちは、あの瞬間の“記憶”とともに、その後の歳月を歩んできた――。

今年6月、清原和博は覚せい剤取締り法違反で有罪が確定した。甲子園歴史館からは清原和博の痕跡が消え、踏み入れてはいけない領域に手を染めてしまったヒーローの名前は世間の表舞台から消えていった。そんな中、甲子園で13本塁打を浴びたライバル全員が、30年以上の時を経て、あえて今、静かに口を開いた。これは、18歳の清原と49歳の清原への、打たれた者たちからの“30年越しの告白”である。13本のホームランが生んだ真実が、ここに蘇る。【甲子園の怪物に敗れた男たちの“30年越しの告白”】

「あの決勝戦までフォークが落ちなかったことはなかった。
今、思えば、打たれる運命だったとしか思えない」
(横浜商 投手 三浦将明)

「ケタが違いましたよね。打球の速さも、飛距離も。
あれだけのものを見せられたら……」
(砂川北 投手 辰橋英男)

『Number(ナンバー)908・909・910号』の特集「甲子園最強打者伝説。」の「清原和博・13本のホームラン物語」(文・鈴木忠平)を加筆して単行本化したものです。

この特集記事については、覚せい剤による逮捕、という衝撃的なニュースからまだ間もなかったこともあり(今でも、忘れてしまえるほど時間が経ったとは言いがたいのだけれど)、賛否両論だったのを思い出します。

この本では、清原さんが高校時代に甲子園で打った13本のホームランについて、「打たれた側」である対戦校のピッチャーや、そのチームメイトが振り返っているのです。

ピッチャーにとっては、打たれたことは、「悪夢」みたいなものだと思っていたのですが、清原選手に打たれたピッチャーたちのほとんどは、饒舌に、「そのときのこと」を語っています。

これを読んでいると、清原に完膚なきまでに打たれたピッチャーのほうが、むしろ、吹っ切れたように「あの清原にホームランを打たれたこと」を誇りにしてその後の人生を歩み、勝負できなかったピッチャーのほうが、ずっと引きずってしまっているようにもみえるんですよね。

打った清原がドラマをつくった陰に、打たれた投手にも、それまでの野球人生の積み重ねがあり、打たれたあとにも、「余生(あるいは第二の人生)」があった。

この本は、あくまでも「打たれた側」への取材で構成されており、打った清原のコメントは一切添えられていませんし、現在の清原を罰する姿勢も、擁護する言葉もありません。

ただ、同じ高校生だった対戦相手が、「PL学園の4番・清原和博」を、あのとき、甲子園でどうみていたのか、打たれた選手は、その後、どういう人生をおくってきたのかが淡々と綴られているのです。

読んでいると、あの頃の清原というのは「甲子園の神様」みたいなもので、対戦相手のその後の人生を呑み込み、変えてしまったのではないか、という気がしてきます。

多くの人々の期待を実現し、希望を抱いて立ち向かってくる者たちを完膚なきまでに、叩きのめす。

それが、あのときの清原和博だった。

ある選手は「その後の人生で、甲子園での『あの場面』について周囲から言われるたびに傷ついていた」と告白しています。

その一方で、他の選手は「あまりにも完璧に打たれてしまったがために、かえってすっきりした」と言っているのです。

1984年の夏にPL学園と対戦し、清原に1試合3本のホームランを打たれてしまった(スコアは1−14)愛知・享栄高校の稲葉投手は、先発投手と自分から、それぞれ1本ずつ、計2本のホームランを打っていた清原の5打席めの8回、あえて「ぶつける」ことまでしています。

この意地と歯がゆさからのやつあたりのような左脇腹への死球に対して、清原はどうしたのか?

先発し、めった打ちにされて降板した村田投手は、この死球のことを、こんなふうに振り返っています。

あわせて読みたい

「清原和博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  7. 7

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  8. 8

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  9. 9

    横浜スタジアム満員実験は無謀か

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。