記事

「スピード感を持って議論するべき」天皇退位問題等に関する全体会議で野田幹事長

https://gyazo.com/52d83a7350498de843274b1b97f1b54e

 野田佳彦幹事長は2日、衆院議長公邸で開かれた「天皇の退位等についての立法府の対応に関する全体会議」に出席し、民進党の考え方を説明するとともに、自民・公明両党に対して質問した。小川敏夫参院議員会長、長浜博行参院議員(党皇位検討委員会委員長)、馬淵澄夫衆院議員(党皇位検討委員会事務局長)も同行した。

 野田幹事長は会議後に国会内で記者団の取材に応じ、「今日は(1)昨年8月8日の陛下の「おことば」の受けとめ方(2)象徴天皇制に関する基本的な考え方(3)皇位継承の「安定性」をどうするか(4)「退位」に対する考え方――の4項目について、あらためて整理して説明した」と述べた。

 会議の進め方について野田幹事長は、「議論のやり方を工夫しなくてはいけない」「それぞれの党がお互いに質問し合うなどして、合意形成に向けての議論をするべき」と意見を述べたことを説明した。

 女性宮家創設、女性天皇について聞かれた野田幹事長は、「わが党は女性宮家創設が可能となる皇室典範の改定を求めている。今回、天皇退位を中心とする法制度の改正が中心になるにしても、女性宮家の創設などの議論を行う道筋をつくること。そのための場を国会に作ることを強調したい」「皇位継承資格について、女性・女系天皇に拡大することの論点についても、それに続く課題として取り扱うよう求める」と、民進党の考え方を説明した。

 野田幹事長は、「いつまでにと言うことまでは決められないかもしれないが、『可及的速やかに検討して結論を得る』というところまで含めて、そこまでは合意形成ができるよう議論すべき。スピード感を表す言葉を入れるべきではないか」と述べ、各党ともいっそう成案を得る努力をするべきだと訴えた。

あわせて読みたい

「野田佳彦」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ダンボール箱2個に現金1億1400万円 匿名の寄付金に感謝

    笹川陽平

    11月30日 09:14

  2. 2

    岸田首相の決心を高く評価します そして日本の今の状況で政府は何をすべきか

    中村ゆきつぐ

    11月30日 09:12

  3. 3

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  4. 4

    前代未聞のスピードでオミクロン株対策を実行 岸田首相が発揮した鋭さ

    早川忠孝

    11月29日 16:06

  5. 5

    東京都内の衆議院議員が5名増える!次回の衆院選は「10増10減」決定へ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月30日 09:53

  6. 6

    立憲民主党の新代表に泉健太氏を選出 決選投票で逢坂誠二氏を破る

    ABEMA TIMES

    11月30日 15:18

  7. 7

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  8. 8

    さて、立憲民主党は泉健太新代表の下で生まれ変わるかな?

    早川忠孝

    11月30日 15:54

  9. 9

    40代のシングルマザーが離婚後に学習塾へ通い始めた理由とは

    工藤まおり

    11月30日 10:06

  10. 10

    秋篠宮さま、眞子さんの結婚儀式「行うのが適当だった」

    ABEMA TIMES

    11月30日 09:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。