記事

世界的株高の中で、資産を守るために今やっておくべきこと

リンク先を見る

2017年に入ってから株式と金価格の上昇が続いていると本日の日本経済新聞が朝刊1面で報じています(写真)。

グラフを見るとアメリカ株だけではなく、原油や金も含めほとんどの資産価格が上昇し、新興国の株価の上昇は先進国を上回っていることがわかります。アメリカの株高の背景には、トランプ大統領の積極的な財政政策と景気回復があります。

しかし、気になるのは、株高と金価格の上昇が同時に起こっていることです。安全を求める人の逃避先と言われている金に資金が流れているのは、投資家の不安心理を反映しているからです。

金は1つの通貨と考えることができます。投資家は資産をどこかの通貨に置かなければなりません。円を売れば別の通貨を買わなければなりません。売って何も買わないということはできないのです。ドルもユーロも円もどの通貨も信用できない。そんなときの投資先が金になるのです。つまり、金価格の上昇は、既存の通貨に対する不信感を示しているといえます。

最近は金以外にもビットコインのような新しい「通貨」が登場してきました。これらの資産への資金移動は、通貨価値の下落つまり将来のインフレに対する懸念を反映しています。

日本人の資産運用で遅れているのはインフレと円安への対応です。

個人金融資産の95%以上が円資産に偏っている日本人は、円安で資産の実質的価値を失ってしまいます。また、資産の50%以上は現金・預金ですから、インフルになればこちらも実質的価値を減少させてしまうことになります。株高で楽観的なムードも漂っているようですが、その先にある将来の大きな変化に備えて今のうちにしっかり準備をしておくべきだというのが私の考えです。

3月18日の第5回世界の資産運用フェア(お名前とメールアドレスだけでエントリー)では、円安とインフレに対する具体的対策を多数用意しています。資産運用に関する一歩先の情報収集をしたい方のご来場をお待ちしております。

■ 毎週金曜日に配信している無料メルマガ「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスを登録するだけで、お金を増やすためのとっておきのヒントをお届けします。

■ 資産デザイン研究所のセミナーやイベントの最新情報はセミナー最新情報でご案内しています。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年3月3日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「金価格」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  4. 4

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  5. 5

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  6. 6

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  9. 9

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  10. 10

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。